「パックマン」の新作TVアニメ 日本でも4月から放送開始 ゲーム、商品など連動展開

ニュース アニメ

バンダイナムコゲームスは、同社の人気キャラクター パックマンの新作テレビアニメ『パックワールド』を4月から国内放送することを発表した。4月5日よりTOKYO MX、BS11、ディズニーXDにて順次テレビ放送を開始する。
TOKYO MXは毎週土曜日18時30分から、BS11は同19時から、ディズニーXDは日曜日の12 時からである。週末の朝と昼間と、子どもたちが見やすい時間帯となっている。また、週末でもあり、往年のパックマンも気軽に視聴で出来る。ファミリーで楽しめる作品となりそうだ。

パックマンは、1980年7月に業務用ゲーム機としてまず誕生した。日本だけでなく、世界中で高い人気、認知度を誇っている。『パックワールド』は、そうした人気を背景にグローバルタイトルして企画・制作された。すでに2013 年 6 月から米国でテレビ放送されている。
本作のエグゼクティブ・プロデューサーには、映画「スパイダーマン」シリーズなど多くのヒット作を手がけるアヴィ・アラド氏が務める。また、アニメ制作はアニメ「ポケットモンスター」シリーズでお馴染みのオー・エル・エム・デジタルが起用されている。
製作発表当初、その巨額の製作費が話題になるほどのハイクオリティの3DCGアニメとなっている。作品の注目も高く、放送された地域ではすでに大きな人気を博している。

海外ではテレビアニメの放送と同時に、ゲーム機向けのソフト、モバイルゲーム、さらにキャラクターグッズなど大規模なメディアミックスを展開する。
バンダイナムコゲームスは、日本でも同様の幅広いビジネスを推進する予定だ。多くのビジネスで、バンダイナムコグループの各社が参加する予定だ。
バンダイナムコゲームス自身は、まず6月19日にニンテンドー3DS向けに「パックワールド」を発売する。また、6月25日にはプレイステーション3、Wii U向けに異なった内容の「パックワールド」がリリースされる。アパレルや雑貨はバンダイから、アミューズメント景品はバンプレストの担当となる。
映像はバンダイビジュアルがDVD、バンダイチャンネルが映像配信を展開予定だ。アニメ主題歌も決まっている。ヒャダインが手掛ける「PAC THIS WORLD!!!」がランティスよりリリースされる。

テレビアニメの製作費の大きさや、海外同様に日本でも様々コンテンツを当初から予定するなど、パックマンはバンダイナムコグループにとってかなり大きなプロジェクトと言っていいだろう。30年間愛されてきたキャラクターを、さらに長く愛されるようにするための息の長いプロジェクトともいえる。
日本、そして世界で、『パックワールド』がどの様に広がっていくのかが、今後さらに注目される。

『パックワールド』 アニメ公式サイト
/http://pacworld.channel.or.jp/
『パックワールド』 ゲーム公式サイト
/http://pac-world.bngames.net/3ds/

[ストーリー]
主人公パックはパックワールドに住む、ニキビに悩むごく普通のティーンエイジャー。いつも陽気で熱血漢。パックには、頭の切れる女の子シリンドリアと力持ちで大食漢のスパイラルという二人の親友がいる。
そんな彼らがパックワールドの平和を守るためパワーベリーなど秘密アイテムを使いながら、勇敢で大胆でコミカルな戦いを繰り広げていく。そして戦いの中でパックは自分の生い立ちや自らの使命を知ることになる。3人を待ち受ける運命とは…。
《animeanime》

関連ニュース

特集