KADOKAWAが無料サービス読み放題「コミックウォーカー」発表、日英中の3ヶ国語対応 | アニメ!アニメ!

KADOKAWAが無料サービス読み放題「コミックウォーカー」発表、日英中の3ヶ国語対応

ニュース マンガ

出版から映像、ネットまで、総合エンタテインメント企業のKADOKAWAが、マンガ分野で新しい取り組みを開始した。3月3日、東京・富士見の角川本社ビル2階ホールにて、新サービス「ComicWalker/コミックウォーカー」の記者発表会が開催された。コミックウォーカーは3月22日からスタートする新しいマンガサービスである。
当日は、同社代表取締役専務の井上伸一郎氏、ECC事業統括本部コミックウォーカー統括部長の古林英明氏が登壇、コミックウォーカーにかける意気込みの大きさを感じさせた。記者会見では、新しいサービスの可能性と意気込みが語られた。また、『機動戦士ガンダム』のアムロ役でお馴染みの古谷徹さん、『艦隊これくしょん -艦これ-』の赤城役の藤田咲さんも出演し、大きな発表を華やがせた。

スマートフォン、タブレットの急激な普及、そして次々に現れる新プレイヤー、新サービスと、電子コミックスの市場は激動の時代を迎えている。コミックウォーカーはそうした最新の状況に合わせて、様々な機能、サービスを盛り込んでいる。
なかでも大きなポイントは「無料」、「デバイスの多様化」、「国際化」の三つである。コミックウォーカーは、これに対応した2014年の最先端のサービスになる。

まず、コンテンツは、KADOKAWAが発行する23のマンガ雑誌とウェブマガジンからセレクトした150作品を用意する。『艦隊これくしょん -艦これ-』や『カゲロウデイズ』、『となりの関くん』、『シャアの日常』などの人気作品が数多い。加えて、コミックウォーカーオリジナルの50作品が加わる。
これらのコンテンツは全て無料で楽しめる。オリジナル作品は、KADOKAWAが新たに立ち上げる新コミックレーベルから単行本、電子書籍として発売する予定だ。無料サービスを起爆剤に、今後有料のプレミアムサービスの導入を目指す。昨今、トレンドになっている無料のデジタルサービス、有料プレミアムサービス、新しい作品の創出を組み合わせている。
また、作品はiOS、Androidの双方のスマートフォンとタブレット、そしてPCで利用可能だ。いつでもどこでも、様々なデバイスで読むことが出来る。

海外市場も大きく意識しているようだ。コミックウォーカーの連載作品は、日本語だけでなく、英語、中国語でも利用できる。日本の最新の作品を時差なく、自国語で読みたいというニーズに応える。当初は英語、中国語対応は40作品で開始するが、順次拡大を予定している。正規のコンテンツを提供しつつ、日本マンガのファンを拡大することになる。
同時に、既存のマンガのフルカラー化の試みも、カラー作品が好まれる海外で人気を呼びそうだ。カラー化作品には、安彦良和さんの『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』や貞本義行さんの『新世紀エヴァンゲリオン』が第1弾となる。こうした作品が海外に発信されれば人気が出るに違いない。

電子コミックスでは、無料マンガ雑誌アプリとしてDeNAがスタートしたマンガボックスが、わずか3ヵ月で300万ダウンロード突破している。こうした動きは今後も続くだろう。国内大手のKADOKAWAが進めるコミックウォーカーが、他社から大きな関心を集めるのは間違いないだろう。

「コミックウォーカー」 
サービススタート 2014年3月22日
ティザーサイト /http://cw-start.com/

言語: 日本語、英語、中国語
価格: 無料(今後有料プレミアムサービス展開予定)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 第2回は「いなり、こんこん、恋いろは。」など 京まふがコンテンツ活用商談会セミナー開催 画像 第2回は「いなり、こんこん、恋いろは。」など 京まふがコンテンツ活用商談会セミナー開催
  • 次世代ボカロ小説コンテスト、“エンターブレイン×pixiv”で開催 ボカロPやラノベ編集部が審査 画像 次世代ボカロ小説コンテスト、“エンターブレイン×pixiv”で開催 ボカロPやラノベ編集部が審査

特集