動き出すか?!「獣兵衛忍風帖」新プロジェクト 阿佐ヶ谷MADHOUSEで制作資料一挙公開 | アニメ!アニメ!

動き出すか?!「獣兵衛忍風帖」新プロジェクト 阿佐ヶ谷MADHOUSEで制作資料一挙公開

ニュース アニメ


        『獣兵衛忍風帖 BRUST』PRダイジェスト

アニメ製作会社マッドハウスの公式サイトが、川尻善昭監督による『獣兵衛忍風帖』に連なる新プロジェクトの最新情報を公開した。2014年3月に、東京・阿佐ヶ谷にオープンするマッドハウスのオフィシャルコンセプトショップ「阿佐ヶ谷MADHOUSE」にて、『獣兵衛忍風帖 胡蝶』(仮題)の制作中の資料を紹介する。
『獣兵衛忍風帖』は1993年にリリースされた長編アニメ映画で、2003年には続編となるテレビシリーズ『獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇』も製作された。公開から20年あまり、『獣兵衛忍風帖 胡蝶』で新たな挑戦に乗り出す。

日本のアニメが海外に紹介されるようになり、すでにかなり長い。これまで数え切れない数の作品が海外に輸出された。このなかには世界の映像やクリエイターに大きな影響を与えた特別な作品がいくつかある。
大友克洋監督の『AKIRA』や、宮崎駿監督の映画、『カウボーイビバップ』などである。ハリウッドの有名プロデューサー、クリエイターが傑作、好きな作品とすることも多く、その映像創作にも大きな影響を与える作品だ。『獣兵衛忍風帖』もそのひとつ、いまなお世界のアニメーション映画、SF映画の歴史に残る作品に絶えず挙げられ、絶大な支持を受ける。

そうした人気を受けて始まった「獣兵衛忍風帖」新プロジェクトは、2012年4月にまず米国・シアトルで開催されたアニメイベントSakura-Conで明かされた。そして、プロジェクトの一環であるパイロット映像である3本のショートアニメ『獣兵衛忍風帖 BRUST』が制作された。そのPRダイジェストも公開されている。
このプロジェクトはその後、『獣兵衛忍風帖 BRUST』を取り込んだ劇場映画『獣兵衛忍風帖 胡蝶』に発展する。2013年5月には川尻監督による脚本が完成、同年12月にはさらに絵コンテが完成した。

一方で、作品の米国でのパートナー候補はいるにも関わらず、日本国内での製作委員会出資者(パートナー)は、現在定まっていないという。日本でよりも、海外で人気と評価が高いという作品の特殊な事情を反映したかたちだ。
マッドハウスは、このプロジェクトをさらに推進するために、制作中の資料を公開することで作品のプロモーションにするという。「阿佐ヶ谷MADHOUSE」では、これまで完成した脚本や絵コンテの一部を紹介する。また、2012年に制作された『獣兵衛忍風帖 BRUST』の3本のショートアニメのフルバージョンも上映する予定だ。完成前の作品を世に問うことで新たなプロジェクトにつなげる。マッドハウスのチャレンジが注目される。

マッドハウス
/http://www.madhouse.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 川尻善昭×マッドハウス 傑作「獣兵衛忍風帖」がBD化決定 画像 川尻善昭×マッドハウス 傑作「獣兵衛忍風帖」がBD化決定
  • マッドハウスがオリジナルショップ 「阿佐ヶ谷MADHOUSE」2014年3月にオープン 画像 マッドハウスがオリジナルショップ 「阿佐ヶ谷MADHOUSE」2014年3月にオープン

特集