荒木飛呂彦氏「日本という国の役に立てたら嬉しい」 メディア芸術祭マンガ部門大賞『ジョジョリオン』

イベント・レポート

荒木飛呂彦氏
  • 荒木飛呂彦氏
  • 荒木飛呂彦氏
  • 文化庁メディア芸術祭受賞作品展会場
  • 文化庁メディア芸術祭受賞作品展会場
  • 文化庁メディア芸術祭受賞作品展会場
  • 文化庁メディア芸術祭受賞作品展会場
文化庁メディア芸術祭 受賞作品展に先駆け2月4日(火)に行われた内覧会には、マンガ大賞を受賞した『ジョジョリオン』の作者・荒木飛呂彦氏も登場した。

『ジョジョリオン』は2011年から「ウルトラジャンプ」に連載されている『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第8部。個性的なビジュアルやトリッキーな演出、そして東日本大震災を壮大な物語世界に取り込んだことで大賞に選ばれた。

荒木氏は受賞について、「連載を続けた25年間の重みや活動を評価してもらえたということで感慨深い」と喜びをあらわした。
また、授賞式でマンガを描き続けることを「農作業」に例えたことについて記者から質問が寄せられると、「マンガを描き続けることは、アイデアを苦しんで生み出すというイメージがあるかもしれません。でもそうではなく、毎朝仕事場という畑に行き種をまいて、土から何が出てくるか思いをはせながら育てる、ということを言いたいんです。身を削って、ということではなく収穫の喜びやどんな作物が育つか楽しみな部分も似ていると思いました」と説明した。

さらに、ファッション誌「SPUR」とコラボするなど、そのファッション性にも注目が集まっていることに対し「僕のマンガの主人公は海の中でも絶対に帽子を脱がない。ファッションもキャラクターの一部だからです。少年マンガでは主人公のアツさを語るのに対し、ファッションはクールさを伝えるものだと思います。だからクールさを描いて欲しいと言われた時は冒険だなと感じました。そういった面で声をかけていただけたのは光栄です」と振り返った。

ファッションについては、荒木氏が漫画家としてデビューした1980年代に設立されたヴェルサーチやモスキーノ、ミッソーニといったブランドの色の組み合わせや、古代ローマの影響を受けたファッションデザイナーからインスピレーションを得て、マンガの中でもキャラクターのファッションを描いているという。

「作品は何部まで続くのか?」という質問に対して「今が精一杯。先のことは考えていません」とズバリ答えたほか、「マンガは読んでいただける読者の方々に対し、精神的・生活的に何らかの影響を与えているのかなと思います。そういった意味で『ジョジョリオン』が日本という国に、直接ではなくとも間接的に良くなるよう、役に立てていたら嬉しいです」と締めくくった。
[川俣綾加]

第17回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
/http://j-mediaarts.jp/
会期: 2月5日(水)~2月16日(日)
場所: 国立新美術館ほか
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集