「劇場版 宇宙戦艦ヤマト2199」、2014年晩秋公開 完全新作で登場

ニュース 映画/ドラマ

『宇宙戦艦ヤマト2199』の公式サイトのトップページが2月4日に更新、すでに製作発表がされている劇場版の全国公開が2014年の晩秋であることが明らかにされた。本作の劇場版製作は2013年9月29日の最終回「青い星の記憶」のテレビ放送にテレビスポツトで電撃告知され、ファンを驚かせた。
その際に、公開は2014年とのみされていた。今回の発表で詳しい時期が定まったかたちだ。晩秋は通常10月下旬から11月を指すことが多く、『劇場版 宇宙戦艦ヤマト2199』もこの時期での公開とみられる。テレビ放送終了から約1年のタイミングとなる。

公開時期は定まったとはいえ、相変わらずわかっているのは本作が完全新作の劇場映画ということのみだ。スタッフ、キャストは勿論、物語がテレビ版の続編なのか、外伝なのか、前日譚なのかといったことも明らかにされていない。ファンは、今後、そうした情報を待つことになる。
『宇宙戦艦ヤマト2199』は、2012年4月より全7章として、劇場上映を積み重ねてきた。ただし、これらはテレビシリーズを劇場で先行披露するとの意味が大きかった。今回の劇場版は長編映画として制作、これまでの限定上映でなく、全国公開となる。

映画に向けた展開も秋まで続く。同じく2月4日には、テレビシリーズの『宇宙戦艦ヤマト2199』の再放送も明らかにしている。放送はTOKYO MXとBS11となる。首都圏局とBSのコンビネーションで新番組なのか視聴者をカバーすることになる。
映画公開に向けて作品ファンの拡大、既存のファンの熱量を冷まさない狙いがあると見られる。そこからは本作に対する意気込みの大きさも伝わってくる。

また、4月22日から5月7日まで、西武池袋本店別館2階にある西武ギャラリーにて、宇宙戦艦ヤマト2199原画展が開催されることも決まっている。キャラクターやメカニック、美術など見どころも多い作品だけに、ファンにはうれしいイベントなりそうだ。

『宇宙戦艦ヤマト2199』
/http://yamato2199.net/

宇宙戦艦ヤマト2199原画展
2014年4月22日~5月7日
西武池袋本店 別館2階 西武ギャラリー
主催: トラフィックプロモーション 共催: 文化放送/リブロ
協力: 宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会
監修: ボイジャーエンターテインメント株式会社
/http://yamato2199.gengaten.com/
《animeanime》

関連ニュース

特集