1月16日、日本アカデミー賞協会は、2013年に公開された映画のなかから優秀作品やそのスタッフ、出演者を顕彰する第37回日本アカデミー賞の優秀首各賞を発表した。優秀アニメーション作品賞も、5作品が決定した。
2013年にアニメ映画はヒット作や話題作が多かっただけに、どれもが昨年大きな注目を浴びた作品ばかりになっている。アニメ映画の快進撃を十分に伝わる5作品となっている。

優秀作品に挙げられたのは、まずスタジオジブリの2つの作品である。宮崎駿監督の『風立ちぬ』、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』である。日本を代表する二人の監督の作品が並んだことで話題を呼んだ2013年だが、日本アカデミー賞でもそれが再現された。
『キャプテンハーロック』は、往年の人気作を荒牧伸志監督のもとフルCGで映像化して注目された。日本だけでなく、ヨーロッパ各国でも公開されヒットになっている。

『劇場版魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』は、深夜アニメ発の劇場アニメとして初めて興収20億円を超えたことはニュースになった。深夜アニメ発の劇場作品が受賞するのは第35回の映画『けいおん!』以来2年ぶり2度目、マニアの世界と思われてきた深夜アニメがメインストリームにも浸透し始めていることを感じさせる。
『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』は、名探偵コナンの劇場シリーズをさらに超える人気を集めている。人気キャラクターの競演がウリの作品だ。
アニメ関係では、優秀音楽賞に、『かぐや姫の物語』、『風立ちぬ』の2本のアニメ、さらに『東京家族』を担当した久石譲さんが授賞している。

日本アカデミー賞の授賞式は、2014年3月7日にグランドプリンスホテル新高輪で開催される。当日は各賞の授賞を行うほか、優秀賞のなかからさらに最優秀賞が発表される。またその模様は日本テレビ系全国29局ネットで放送される。
アニメーションでは、スタジオジブリの2作品のいずれかが最優秀賞に輝くのか、あるいは他の作品か、気になるところだ。

日本アカデミー賞
http://www.japan-academy-prize.jp/

[優秀アニメーション作品賞]
■ 『かぐや姫の物語』
スタジオジブリ/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/ディズニー/三菱商事/東宝/KDDI
■ 『風立ちぬ』
スタジオジブリ/日本テレビ/電通/博報堂DYMP/ディズニー/三菱商事/東宝/KDDI
■ 『キャプテンハーロック』
東映アニメーション/サミー/木下グループ/東映/東映ビデオ
■ 『劇場版魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』
Madoka Movie Project/アニプレックス/芳文社/博報堂DYメディアパートナーズ/ニトロプラス/ムービック/シャフト/毎日放送
■ 『ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE』
日本テレビ放送網/小学館/読売テレビ放送/トムス・エンタテインメント/東宝/ShoPro/バップ/STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS 《animeanime》