ガンダムフロント 1月からOVA特集の企画展 3月からは「メディアから派生したガンダム作品」

ニュース イベント

ガンダムをテーマにしたアトラクション、グッズ販売でお馴染みのガンダムフロント東京が、1月17日から新たな企画展示をスタートする。「ガンダムオリジナルビデオアニメーションの世界」と題して、数あるガンダム作品のなかでも、オリジナルビデオアニメーション(OVA)にスポットを当てた特集を組む。
この企画展示は、2013年4月より行われている7回連続開催の“企画展リレー”の一環だ。テレビ、映画に加えて、OVAでも様々な作品を展開するガンダムらしい企画だ。
また、3月以降第7弾の企画テーマもすでに決まっている。“企画展リレー”の最後の特集として、3月 7日より「GUNDAM SPIN-OFF EXHIBITION~メディアから派生したガンダム作品展~(仮)」を予定している。

「ガンダムオリジナルビデオアニメーションの世界」では、『機動戦士ガンダム0080』や『新機動戦記ガンダム W Endless Waltz』などを主に取り上げる。『機動戦士ガンダム0080』はシリーズ初のOVA単独作品、主人公がガンダムに乗らないことで話題を読んだ。いまなお高い評価を受ける傑作だ。
ガンダムフロント東京によれば、テレビ版のアニメーションとは一味違うOVAの魅力をたっぷりと紹介するという。また、会場では「SEED&DESTINY HDリマスター展」も開催されており、こちらも目が離せない。

2014年のガンダムフロント東京は、これ以外にも新しい企画を用意している。有料ゾーン内のエクスペリエンス・フィールドのキャラクターフォトスポットに、新たに50体もの新規キャラクターを追加する。これまでより沢山のキャラクターと2ショットの記念写真がとれる。
特に2013年10月から放送を開始、高い人気を呼んでいる『ガンダムビルドファイターズ』から多数登場するのが注目される。子どもから人気を呼びそうだ。
また、1月末からバレンタインに向けた「GFTバレンタインギフト」も始まる。季節に合わせたイベントも、目が離せない。

ガンダムフロント東京
/http://gundamfront-tokyo.com
住所: 東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ7階
開館時間: 10:00~21:00(最終入場時間20:00)
入場チケット(事前予約):チケットぴあ/セブンチケットで取扱い
一般・大学生・高校生 1000円 中学生・小学生 800円
入場チケット(当日): エントランスにて取り扱い
一般・大学生・高校生 1200円 中学生・小学生 1000円

「ガンダムオリジナルビデオアニメーションの世界」
場所: ガンダムフロント東京 ミュージアムスペース内(有料ゾーン内)
1月17日(金)~3月6日(木)開催

「GUNDAM SPIN-OFF EXHIBITION~メディアから派生したガンダム作品展~(仮)」
3月 7日(金)より
※企画展リレーの内容、期間は変更する可能性もあります。
《animeanime》

関連ニュース

特集