「仕込み」と「練り」が絵の具を決める―ニッカー絵具 数井浩子のアニメ社会科見学 第6回 | アニメ!アニメ!

「仕込み」と「練り」が絵の具を決める―ニッカー絵具 数井浩子のアニメ社会科見学 第6回

連載・コラム 数井浩子のアニメ社会科見学

「雨でも晴れでもいつでも”同じ色”をつくり出す」
―ニッカー絵具を訪ねて (2)


■ 数井浩子(アニメーター・演出)

「うちは人数が少ないから、 みんなでお互いの仕事を手伝うんですよ」

現在、ニッカー絵具がつくっている絵の具の種類は、水彩絵の具、ポスターカラー、アクリル系、エクステリア用など多岐にわたる。そして、それぞれ約60~100色ほどつくる。

見学に行った日は、5色の絵の具をつくり、7色の絵の具をチューブや中瓶に詰めていた。絵の具は少ないもので一度に3リットル、通常は90リットル製造される。90リットルを絵の具の小瓶(40ml)に詰めると、約2250本ほどの絵の具である。

大量生産ではないがそれなりの物量である。しかし、ニッカー絵の具の社員は総勢17人(2013年現在)。色を仕込み、練りあげる「製造部」は4人、その絵の具を充填する「生産部」が6人、梱包して発送する営業二課は1人。その他は、事務、総務などが3人である。少数精鋭の絵の具製造所なのだ。

■ 絵の具つくりの心臓部:「仕込み」と「練り」が絵の具を決める

abesan「色つくりを担当する製造部は、ニッカー絵具の“心臓部”です」

営業部主任、石井応徳(いしい・まさのり)さんは、絵具つくりを人体に例える。大切なこの「心臓部」には2つのプロセスがある。ひとつは「仕込み」であり、もうひとつは「練り」だという。

「仕込み」とは、いわゆる顔料や接着剤などを配合表(「レシピ」)通りに調合するプロセスである。どの絵の具をどのような配分でつくるかの目安は「レシピ」に示されているものの、料理と同じで、レシピ通りにつくれば正解というものではない。

そこでもうひとつのプロセス、「練り」が重要になるのだ。調合された顔料は、「消泡剤」「防腐剤」「増粘剤」「バインダー」などの薬剤と混ぜ合せ、練りこまれることによって、なめらかで均質な絵の具になる。

この「練り」を実際に行うのは、「ロール」とよばれる機械である。ロール機には、長さ1m、直径60cmの3本のローラーがセットされている。最初のローラーに流し込まれた材料はゆっくりと3本のローラーの間を通っていく。ローラーの回転比は1:3:9と段階的に早くなっていくので、最後のローラーにたどり着くころには、混合された材料が均質な粒子になるという仕組みだ。

しかし、粒子を潰しすぎると黒っぽくなってしまう絵の具もあるため、場合によっては、3本のローラーの間隔を少し広げてあまり押しつぶさないようにする。こうしてロール機を使って平均3~4回、練りを加えて、やっと「絵の具」が完成する。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 雨でも晴れでもいつでも”同じ色”をつくり出す―ニッカー絵具 数井浩子のアニメ社会科見学 第5回 画像 雨でも晴れでもいつでも”同じ色”をつくり出す―ニッカー絵具 数井浩子のアニメ社会科見学 第5回
  • 「進化し続ける動画机」を支えるメーカー魂-三起社 数井浩子のアニメ社会科見学 第1回  画像 「進化し続ける動画机」を支えるメーカー魂-三起社 数井浩子のアニメ社会科見学 第1回 

特集