「進撃の巨人」がコミケ85に、その正体とは? 今回も電波を守る“痛”車載型基地局が出現

ニュース 話題

12月29日から31日の3日間、東京ビッグサイトの全ホールを会場に、2013年カルチャーシーンの最後を彩る巨大イベントが開催される。3日間の人出は50万人を超えるというコミックマーケットである。
かなり混雑が予想されるだけに、心配となるのが携帯の電波確保である。しかし、今回のコミケ85では、そうした心配も杞憂になりそうだ。
来場者の快適な通信環境を確保のため、2013年に一大ムーブメントを引き起こした『進撃の巨人』が乗り出す。KDDI株式会社は、12月29日(日)~31日(火)まで、東京ビッグサイトに『進撃の巨人』のイラストでラッピングした車載型基地局1台を西展示場付近に配備する。

車載型基地局のデザインは、『進撃の巨人』でお馴染みのキャラクター達。主人公・エレン・イェーガー、ヒロインのミカサ・アッカーマン、そしてファンから絶大な人気を誇るリヴァイ兵長である。
ちなみに兵長の誕生日は、本日12月25日!“ハッピーバースデー♪リヴァイ兵長♪”

さらに3人の後ろには“超大型巨人”が、「4GLTE エリア対策実施中」のキャッチコピーと共に控える。超強力なサポートで、東京ビッグサイトの電波確保も万全だ。

KDDIが車載型基地局に人気キャラクターを装備するのは、8月のコミックマーケット84(夏コミ)に続くもの。夏コミでは、人気アニメの『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』のイラストをラッピングして、ファンの大注目を浴びた。
そんな好評を受けて、ユニークな“痛”基地局として第2弾が実現!そして、2013年に大きな話題を呼んだ『進撃の巨人』に白羽の矢が立った。2014年にはauと進撃の巨人のコラボ企画まで進行中とのことだ。

『進撃の巨人』は、諫山創さんが描く人気マンガ。単行本は現在12巻までは発売中で、累計発行部数は2800万部を超えるメガヒット作だ。
2015年を目指して、樋口真嗣監督のもと映画化も再始動した。2014年以降も、さらに日本、そして世界を進撃する。『進撃の巨人』のイラストをラッピングした車載型基地局も、そんな勢いを示すひとつだ。会場で基地局を見かけたら、是非、チェックしたい。

fd
《animeanime》

関連ニュース

特集