鈴村健一、39歳の挑戦 富士山-大阪390キロをチャリンコ走破

ニュース 話題

声優・鈴村健一さんは、「空の境界」シリーズの黒桐幹也役、『X -エックス-』の神威役、『宇宙戦艦ヤマト2199』の島大介役と様々な役柄をこなす実力派だ。その熱い情熱は、声優の仕事にとどまらない。
2013年12月13日から15日までの3日間、富士山から大阪までの390キロを自転車で走破する挑戦を行い、見事に成し遂げた。39歳の肉体の限界に挑戦した。

この企画は、10年前にやはり鈴村健一さんが行った「名古屋大阪200キロちゃりんこアーバンライナー」を踏まえたものだ。当時若手声優だった鈴村健一さんが、自身の殻をぶち破りたいと企画したものだ。
1泊2日で名古屋から大阪まで、自転車で走り抜いた。その様子は、ラジオ大阪で生中継され、さらにDVD化されるなどの大きな反響を呼んだ。

今回の企画も自身への挑戦である。10年の間で、鈴村健一さんは役者としてさらに成長し、坂本真綾さんとの結婚、さらに社長にもなった。年齢は39歳になる。
そうsたなかで10年前のほぼ倍にあたる390キロの走行距離の旅に挑むことで、ファンとリスナーへ感謝をする。さらに、40代、50代に向けて先駆的な役割を果たす男性声優でありたいと狼煙を上げるという。

スタート初日となった12月13日は、まず静岡県・富士山本宮浅間大社で祈祷を行った。その後390キロの旅に出た。3日間、小雨や強風などもあったが、ゴールを目指して走り続けた。
今回、注目したいのは、仲間の応援だ。ラジオ大阪「スィートイグニッション」でパーソナリティーを一緒に務める岩田光央さんが、各ポイントと各日のゴール地点で趣向を凝らしたおもてなしを行った。また、ロードバイクのテクニカルアドバイザーとして・野島裕史さんも同行した。最終日には同じく福山潤さんがサプライズで登場し、伴走した。
そして12月15日のゴールでは、岩田光央さん、たかはし智秋さんらとファンと一緒に鈴村さんを待ち受た。生放送番組では、森久保祥太郎さん、浪川大輔さんがスタジオゲストとして声援を送った。まさに、鈴村健一さんとその仲間の絆を確認するものとなった。

さらにこの感動は、DVDで体験出来る。今回の行程を収録したドキュメントDVDが2014年2月19日に発売される。長さ約120分、価格税込4830円、予約受付は12月17日に開始する。

「鈴村健一39歳の挑戦!富士山~大阪390キロ全力中年チャリンコの旅」
2014年2月19日発売予定(12月17日より予約受付開始)
4830円(税込)
約120分予定、セルオンリー
《animeanime》

関連ニュース

特集