「ビフォア・ウォッチメン」11月30日刊行 「ウォッチメン」の前日譚が遂に邦訳開始

ニュース マンガ

ウォッチメンはアメリカンコミックスの中でも、特に人気の高いキャラクターの一人だ。2012年に米国で刊行を開始した「ビフォア・ウォッチメン」シリーズは、そのキャラクターの前日譚を描く。
発刊と同時に、アメコミファンの大きな話題を呼んだシリーズが遂に邦訳となった。アメコミの翻訳出版などを手がけるヴィレッジブックスは、11月30日に『ビフォア・ウォッチメン』邦訳版の第1弾『ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ』を発売する。
以降、2014年2月に『ビフォア・ウォッチメン:ミニッツメン/シルク・スペクター』、5月に『ビフォア・ウォッチメン:ナイトオウル/DR.マンハッタン』、8月に『ビフォア・ウォッチメン:オジマンディアス/クリムゾン・コルセア』の発売が続く、シリーズ全4巻を翻訳する。

『ウォッチメン』は、アラン・ムーアによる全12話のシリーズでスタートした。発表から四半世紀を経つが、その人気は未だ高い。80年におよぶアメリカンコミックスの歴史の中でも、最高傑作のひとつとされている。
2009年にはザック・スナイダー監督のもと実写映画化され、北米興収1億ドルを超える大ヒットとなった。「ビフォア・ウォッチメン」シリーズは、そうしたなかで制作された。
ライターにブライアン・アザレロやJ.マイケル・ストラジンスキーなど、アーティストにJ.G.ジョーンズやリー・ベルメホなどといった豪華スタッフが集結。コメディアンやロールシャッハなどシリーズのメインキャラクターそれぞれを主役とした9つのミニシリーズが刊行されている。

第1弾となる『ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ』には、作品の重大なテーマである矛盾を象徴したコメディアンと、シリーズ最大の人気キャラクターであるロールシャッハの二人を主役にした2作が収録されている。ケネディ兄弟の盛衰を軸に近代アメリカ史を重ねた「コメディアン」編、1977年7月のある事件に焦点を絞った「ロールシャッハ」編は重厚な内容だ。
『ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ』は2625円(税込)。話題作の多かった2013年の国内アメコミ界隈だが、年の暮れにさらに話題を提供しそうだ。
[真狩祐志]

villagebooks AMERICAN COMICS
/http://a-comics.com/



『ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ』
ライター: ブライアン・アザレロ
アーティスト: J.G.ジョーンズ/リー・ベルメホ
発売日:2013年11月30日
定価: 2625円(税込)
版型: B5/256ページ  発行・発売: ヴィレッジブックス

『ビフォア・ウォッチメン』シリーズ全4巻 刊行予定

2014年2月
『ビフォア・ウォッチメン:ミニッツメン/シルク・スペクター』
(BEFORE WATCHMEN:MINUTEMEN/SILK SPECTRE)
2014年5月
『ビフォア・ウォッチメン:ナイトオウル/DR.マンハッタン』
(BEFORE WATCHMEN:NITE OWL/DR.MANHATTAN)
2014年8月
『ビフォア・ウォッチメン:オジマンディアス/クリムゾン・コルセア』
(BEFORE WATCHMEN:OZYMANDIAS/CRIMSON CORSAIR)
《animeanime》

関連ニュース

特集