「棺姫のチャイカ」アニメ化決定  榊一郎のライトノベルを原作、アニメ制作はボンズ

ニュース アニメ

榊一郎さんが手掛けるライトノベル『棺姫(ひつぎ)のチャイカ』のアニメ化が決定した。本作は富士見ファンタジア文庫より刊行中で、「月刊少年エース」ではマンガ版も連載されるなど、複数のメディア展開を行っている人気作だ。今度はアニメを舞台に作品を盛り上げる。
アニメ化発表と同時に、メインスタッフも明かされている。様々な話題作を送り出してきた制作陣が名を連ね、充実した作品を期待できそうだ。

『棺姫のチャイカ』の監督には増井壮一さんが起用された。増井さんは、2003年に榊一郎さんのライトノベル『スクラップド・プリンセス』をテレビアニメ化した際にも監督を務めており、その実績は原作者の折り紙付きである。
また11年に『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』と12年に『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』を手掛けるなど、劇場作の経験も持っている。今回の起用は原作ファンにとっても嬉しいニュースだ。

シリーズ構成は『THE IDOLM@STER』や『らき☆すた』の待田堂子さん、キャラクターデザインは『絶園のテンペスト』などで作画監督を務めた新井伸浩さんが担当する。
アニメ制作は「エウレカセブン」シリーズや『STAR DRIVER 輝きのタクト』のボンズが行う。派手なアクションに定評のあるスタジオであり、映像表現も見逃せない作品になるだろう。

榊一郎さんの作品は「神曲奏界ポリフォニカ」シリーズ、『ストレイト・ジャケット』、『アウトブレイク・カンパニー』など、これまでも数多くアニメ化が行われてきた。今回はどのような内容でファンを楽しませてくれるのだろうか。『棺姫のチャイカ』の展開メディアはまだ明らかにされておらず、その続報にも注目していきたい。
[高橋克則]

『棺姫のチャイカ』
/http://chaika-anime.jp/

[スタッフ]
原作: 榊一郎
キャラクター原案: なまにくATK
監督: 増井壮一
シリーズ構成: 待田堂子
キャラクターデザイン: 新井伸浩
アニメーション制作: ボンズ
《高橋克則》

関連ニュース

特集