関西弁で「てーきゅう」 サンテレビの放映に驚きの特別ヴァージョン登場

ニュース アニメ

『てーきゅう』は、早口過ぎて、ついていけない視聴者が続出していることでも知られる異色のアニメだ。ショートアニメではあるが、その存在感は抜群で、高い人気を集めている。放送はTOKYO MXやAT-Xのほか、現在放送中の第3期からは、関西地区のサンテレビも加わっている。
そのサンテレビに合わせたスペシャルバージョンが、10月13日に放送されることが決定した。第26面(第26話)「先輩とスタンド・バイ・ミー」では、サンテレビでの放送分のアフレコが、全て関西弁となる。主人公4人全員が、関西弁を話すという。関西地区だけのお楽しみになる。

「先輩とスタンド・バイ・ミー」では、大雨が降る中での帰宅途中、かなえ(CV:三森すずこ)は雷を浴びて超強力な大技「かなかな波」を撃ってしまうというストーリー。このユニークなエピソードを、関西弁バージョンを楽しむことが出来る。関西弁での早口はどうなるのか?関西地区の視聴者は注目したい。

さらに関西進出を記念したイベントも決定した。登場人キャラクターの一人高宮なすのを演じる鳴海杏子さんが大阪を訪れる。
10月27日、大阪・戎橋のTSUTAYA EBISUBASHIで、ミニライブや握手会を予定する。関西のファンに『てーきゅう』の魅力を伝える。

また、10月12日には徳島のマチアソビでもイベントを行う。監督の板垣伸さん、原作のルーツさんとPiyoさんが参加する「てーきゅう祭り in マチアソビ」である。
当日は11時から新町橋東公園ステージにて「てーきゅうトークショー」、15時30分からufotable CINEMA2にて「てーきゅう上映会&即興コメンタリー)、16時30分からufotable CINEMA エントランスロビー(予定)にて「てーきゅう即売会&サイン会」など盛りだくさんな内容だ。
[真狩祐志]

『てーきゅう』
/http://te-kyu.com/
《animeanime》

関連ニュース

特集