ニトロプラスのライブマスコットとして2006年に誕生した美少女キャラクター“すーぱーそに子”が、アニメ化される。テレビアニメ『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』である。
9月21日、東京国際フォーラムで開催されていたNITRO SUPER SONIC 2013 (ニトロスーパーソニック2013)にて電撃発表、多くのファンを驚かせた。
ニトロプラスはゲームソフトやキャラクターの有力会社、コアなファンに向けた作品を得意とする。『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』、『鬼哭街』、『装甲悪鬼村正』などがある。NITRO SUPER SONIC 2013は、そんな同社に関わり深い作品の映像や音楽を楽しむ祭典である。ビッグなイベントでのビッグなファンプレゼントとなった。

すーぱーそに子は、2006年に、原画家・津路参汰がデザインをした。ニトロプラスのイメージキャラクターではあるが、その活躍は驚くほど広い。そに子が所属するガールズ・スリーピースバンド 第一宇宙速度のボーカルとしてCDなどをリリースするほか、自身を主人公とするWindowsゲーム『ソニコミ』といったゲームもある。さらにマンガやフィギュアなども数多い。
また、外部のゲームや企画とのコラボレーションも多数ある。ニトロプラスを飛び超えた、美少女キャラグッズ界で人気キャラクターだ。

今回、すーぱーそに子の勢いは、遂にテレビ画面にまで達したわけだ。9月21日には、テレビアニメ公式サイトがティザーオープン、公式Twitterも運用を開始した。
しかし、スタッフやキャスト、放送時期などは未発表である。詳細情報は、今後、公式サイトや公式Twitterで発信することになる。大型人気キャラのテレビアニメが、大きな盛り上がりを見せそうだ。

『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』
TVアニメ公式サイト http://soniani.jp
公式アカウント @sonico_a  

原作: 「すーぱーそに子」(ニトロプラス)《animeanime》