“ふなっしー”ハリウッドデビュー ゆるキャラ初の実写洋画吹替に挑戦

ニュース 映画/ドラマ

ふなっしーは、千葉県船橋市の非公認ながらご当地キャラクターとして活躍する大人気の存在だ。数あるゆるキャラのなかでも、その注目度は、現在ピカいちである。
そんな ふなっしー が、ハリウッド映画で吹替を担当することが決定した。ゆるキャラが実写吹替に挑戦するのは初めてのことだ。2013年ご当地キャラ総選挙で1位を獲得し、活躍の場を広げているふなっしーが、まさかのハリウッドデビューを果たす。

ふなっしーが吹替を務める映画は、11月1日公開のアドベンチャー巨編『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』である。ギリシャ神話の世界と現代アメリカを融合させて人気を集めた『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の続編として話題を集めている。
ふなっしーはギリシャ神話の伝令の神・ヘルメスの杖に絡みつく蛇のジョージを演じる。主人公のパーシーに世界を救う「黄金の毛皮」の手がかりを伝える重要な役所だ。蛇のジョージは話し出したら止まらないというキャラクターで、その性格がふなっしーと一致していることが、今回の大抜擢に繋がった。
吹替にチャレンジしたふなっしーは「元々の映像の声が喋っている間に、ふなっしーもセリフを終えなきゃいけないというのが初めてで、結構むずかしかったなっしー。楽しかったなっしーよ」とコメントを発表している。

本作はふなっしー以外にも豪華声優陣を起用した。パーシー役は前作に引き続き宮野真守さんが演じる。宮野さんは『機動戦士ガンダム00』や『STEINS;GATE』など多くのヒット作で主人公を務めてきた人気声優である。本編ではふなっしーと、どのような掛け合いを見せてくれるのだろうか。
パーシーと共に冒険の旅に出るアナベス役はAKB48の渡辺麻友さんが担当。渡辺さんは『ねらわれた学園』や『AKB0048』で声優を務めた経験を持っている。実写吹替は今回が初めてで、こちらも要注目だ。
[高橋克則]

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』
11月1日(金)3D/2D 字幕・吹替同時公開
/http://www.foxmovies.jp/percy/

監督: トール・フロイデンタール
製作総指揮: クリス・コロンバス
[出演] 
ローガン・ラーマン、ブランドン・T.ジャクソン、アレクサンドラ・ダダリオ、ジェイク・アベル、ダグラス・スミス、スタンリー・トゥッチ
《高橋克則》

関連ニュース

特集