7月6日に全国公開した『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が、猛烈なスタートを切った。映画公開の最初の週末7月6日、7日の2日間の興行収入が2億8185万9900円となった。
この数字は、予想を大きく超える大ヒットと話題を呼んだ2010年公開の前作『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』対比で140%以上(40%増以上)にあたる。最終興収も前作を大きく上回る可能性も高くなってきた。

アニメ映画としても、大きなヒットになる。スクリーンごとの売り上げを示すスクリーンアベレッジは221万146円と同日公開された作品のなかでトップの成績だった。公開劇場数は127館と少ないわけでないが、人気の高さから数多くのファンが劇場に足を向けた結果といえる。
さらに各種ユーザーレビューサイトの評価も絶好調と、今後は口コミによる拡大も期待出来そうだ。その内容と伴に、“完結篇”を掲げる本作に相応しい数字を残すことがいまから期待される。

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)での空知英秋さんが連載する人気マンガの劇場映画第2作である。テレビアニメ開始から7年、劇場版として2作目となる。
原作者が自らストーリーとキャラクター原案を担当、さらに“完結篇”と銘打ち、『銀魂』の過去、現在、そして未来を巡る壮大な大団円となった。この夏の話題作である。

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』
配給: ワーナー・ブラザース映画
http://www.gintama-movie.com 《animeanime》