月刊「ヤングキングアワーズ」(少年画報社)にて連載中の人気SFマンガ『蒼き鋼のアルペジオ』がテレビアニメ化される。5月30日に明らかになった。
また、発表にあわせて公式サイトもオープン、さらにYouTubeではPVも公開された。テレビアニメ化に向って一気にプロモーションを活発化させる。

『蒼き鋼のアルペジオ』は、Ark Performanceが2009年秋から「ヤングキングアワーズ」に連載する。海洋SF戦記コミックを掲げる本作の舞台は、近未来の日本だ。そこでは温暖化による海面上昇が進んでおり、さらに“霧の艦隊”と呼ばれる謎の超兵器を搭載した軍艦に海上を封鎖されてしまっている。
主人公・千早群像らは、意志を持つ潜水艦イ401に乗り込み、イ401の人体化イオナと共に、霧の艦隊に戦いを挑む。奇抜な設定と凝った世界観、待望のアニメ化と言えそうだ。

また、本作のために集結した、アニメ制作スタッフが豪華だ。監督には『Angel Beats!』、『Persona4 the ANIMATION』、『天体戦士サンレッド』などのヒットメーカー岸誠二さんを起用、さらに脚本も『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』、「聖痕のクェイサー」シリーズなどの上江洲誠さん、音楽にゲーム「モンスターハンター」シリーズの甲田雅人さんと期待値の高いタイトルとなる。

さらに注目されるのは、アニメ制作をCGスタジオとしてその映像に高い評価を受けてきたサンジゲンが担当することだろう。これまではアニメ作品のCGパートのみを手がけることが多かったが、2012年は『009 RE:CYBORG』をセルタッチのフルCGアニメを全編にわたり制作し話題を呼んだ。
『蒼き鋼のアルペジオ』では、多数の戦艦が登場し、艦隊戦も期待される。サンジゲンの本領が発揮されそうだ。さらに『009 RE:CYBORG』で培ったキャラクター表現が、本作ではどのように継承されているのかも気にしたい。放映時期は明らかにされていないが、今後、目を離せない作品になることは間違いないだろう。



TVアニメ『蒼き鋼のアルペジオ(仮)』
http://www.bunka.go.jp/
公式twitter @arpeggio_TV

[スタッフ]
監督: 岸誠二 
シリーズ構成: 上江洲誠 
音楽: 甲田雅人 
アニメーション制作: サンジゲン 

「ヤングキングアワーズ」(少年画報社)
http://www.shonengahosha.jp/ours/ 《animeanime》