テレビアニメ50年の大型特番、アニマックス放映 アトム幻の34話・ルパン三世パイロットも登場

イベント・レポート

船越英一郎さんと平山あやさん
  • 船越英一郎さんと平山あやさん
  • 船越さんの深い知識は必見だ。
  • 「鉄腕アトム」 (c)手塚プロダクション・虫プロダクション
  • 「無敵超人ザンボット3」 (c)創通・サンライズ
  • 「ルパン三世」 パイロットフィルム 原作:モンキー・パンチ (c)TMS
  • 「ルパン三世」 パイロットフィルム 原作:モンキー・パンチ (c)TMS
2013年は、『鉄腕アトム』がテレビ放映を開始して50年目になる。30分のテレビアニメシリーズが誕生して50周年、半世紀だ。
アニメ専門チャンネルのアニマックスは、開局15周年として、このメモリアリーイヤーを記念した大型特別番組「TVアニメ50年の金字塔」を制作する。7月、8月の2ヶ月にわたり毎週、毎回2時間、テレビアニメの創成期から現在に至るまでテーマを決めて特集を組む。テレビアニメの歴史を徹底追及することになる。

番組は、教授に扮した船越英一郎さんと平山あやさんとナビゲーター役になる。船越さんが、平山さんのアニメの魅力と解き明かす構成となる。バラエティたっぷりに、新しい発見があり、知識も学べる、アニメライフのプラスαとして楽しめそうだ。

5月28日には、船越英一郎さんと平山あやさんも出演する番組記者会見も行われた。船越さんは、番組の登場する教授然としたスリーピース姿で現れ、本作の見どころを紹介した。
まず、第1回に登場するスタジオゼロの魅力を語りだすと、言葉が次から次へと溢れ出す。その知識は役柄のためだけとは思えない深さだ。
実は船越さんは、60年代、70年代アニメの大ファンで、こうした知識はそれに裏付けられたものである。アニメや特撮のDVD-BOXが発売されると買わずにおれなくなり、家には何百枚ものDVDがあるという。意外な船越さんの素顔は、今回の番組にまさに適任といえるだろう。

一方、平山さんは若い世代の代表だ。知らない作品が多かったが、いろいろ勉強になったと、時代を超えた作品の魅力を楽しんでいる様子だった。
そして、次の50年後に残したいアニメを聞かれると『ちびまる子ちゃん』を挙げた。子どもの頃から見ている作品、小さい頃を思い出すと話す。

番組は第1週のテーマが、船越さんが熱いトークを語った1960年代のアニメスタジオ スタジオ・ゼロにスポットを当てた「すべてはゼロから始まる ~スタジオ・ゼロ~」となる。トキワ荘の人気マンガたちが設立プロダクションを、鈴木伸一さんをゲストに紹介する。
また、スタジオ・ゼロが制作した『鉄腕アトム』の幻のエピソード第34話「ミドロが沼の巻」を放映するこちらも必見だ。

第2週は「歴史は繰り返され 英雄は生まれ変わる ~ゲゲゲの鬼太郎~」、第3週は「歴史は悪漢によって作られる ~ルパン三世~」、第4週は「巨大化産業の進化と勃興 ~搭乗型巨大ロボットアニメの系譜~」だ。
さらに8月には「TVアニメ視聴率伝説」、「長寿TVアニメの共通点」、「1938年1月25日の奇跡」、「魔法少女」などを予定している。いずれもアニメファンには見逃せないテーマだ。
また、第3週には、国産初のテレビアニメ1958年の『もぐらのアバンチュール』、さらに「ルパン三世」シリーズのパイロットフィルムとお宝級の映像が次々に登場する。こちらも必見だ。

アニマックス /http://www.animax.co.jp/

アニマックス 開局15周年特別番組
「TVアニメ50年の金字塔」
7月7日(日)スタート
毎週日曜 19時~21時 (リピート:翌週 日曜 朝4時~6時)

第1週テーマ:
「すべてはゼロから始まる ~スタジオ・ゼロ~」
第2週テーマ:
「歴史は繰り返され 英雄は生まれ変わる ~ゲゲゲの鬼太郎~」
第3週テーマ
「歴史は悪漢によって作られる ~ルパン三世~」
第4週テーマ:
「巨大化産業の進化と勃興 ~搭乗型巨大ロボットアニメの系譜~」
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集