榊一郎「アウトブレイク・カンパニー」TVアニメ化 8月開催TBSアニメフェスタに登場

ニュース アニメ

講談社ラノベ文庫より刊行されている人気ライトノベル『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』がテレビアニメ化される。5月25日に発表された。今後、TBSやBS-TBSで放送される予定だ。
本作は原作を『神曲奏界ポリフォニカ』や『スクラップド・プリンセス』の榊一郎さん、イラスを ゆーげんが手がけている。主人公がファンタジー世界でおたく文化を伝道する異色のファンタジー小説だ。

『アウトブレイク・カンパニー』は、2011年に刊行を開始、現在第6巻まで発売されている。主人公の慎一は、高校中退状態の慎一。セッパつまったあげくの就活で慎一が得た仕事は、ファンタジー世界でおたく文化を伝導するという仕事だった。
連れて行かれた場所は、富士の樹海に開いた穴とつながるファンタジー世界「エルダント王国」だった。そこではドラゴンが宙を飛ぶ異世界だが、生粋のおたく育ち・慎一は容易にこの状況に適応し、ハーフエルフの美少女メイドさんや美幼女皇帝陛下とラノベ朗読で親交を深めることになる。しかし、こうした慎一の活動に反感を持つ過激な勢力がテロを仕掛けるなど波乱の展開が幕開ける。

今回の発表は、テレビアニメ化とTBS、BS-TBSでの放送予定のみである。放送開始時期やスタッフ、キャストなどは明らかにされていない。
一方で、2013年8月10日に文京区シビックホール 大ホールで行われるTBSアニメフェスタ2013に本作がステージ出展することが決定している。この場で、より詳しい情報が分かるかもしれない。人気ライトノベルのアニメ化情報に今後も目が離せない。

TVアニメ「アウトブレイク・カンパニー」公式サイト
/http://www.tbs.co.jp/anime/obc/
公式twitter @anime_obc

原作: 榊一郎「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」(講談社ラノベ文庫/講談社)
原作イラスト/キャラクター原案: ゆーげん
《animeanime》

関連ニュース

特集