Tokyo Otaku Mode 1000万「いいね!」突破でSP動画 JohnHathwayとlivetuneが参加 | アニメ!アニメ!

Tokyo Otaku Mode 1000万「いいね!」突破でSP動画 JohnHathwayとlivetuneが参加

ニュース ウェブ/スマホ/モバイル

日本のポップカルチャーと海外のつながりに興味のある人であれば、Tokyo Otaku Modeの名前を聞いたことがあるだろう。Facebook ページを中心に日本のアニメ、マンガ、コスプレ、J-POPまで、日本のポップカルチャーを英語で世界に発信する。
豊富なビジュアルで日本からダイレクトに届けられる情報が人気だ。そのTokyo Otaku ModeのFacebook ページの「いいね!」(Like)数が、遂に1000万を突破した。日本発のFacebook ページとしては驚異的な規模だ。この1000万「いいね!」突破を記念して、Tokyo Otaku Modeはスペシャル動画を公開した。

スペシャル動画は、JohnHathwayさんの創作風景をlivetuneの新作楽曲「Redial」に乗せて映像化したものだ。JohnHathwayさんは、科学とアートを融合した創作活動を行っているクリエイターだ。また、livetuneさんは初音ミクなどVOCALOIDを使用した楽曲で注目を集めている音楽ユニットである。
複数のイラストからパーツをリミックスして、別の絵を創作するJohnHathwayさんの手法を見ることができ、クリエイター志望者にとっても必見の内容となっている。

JohnHathwayさんは、理系の技術や理論とデザインやストーリーなど融合させた多面的な創作活動や商業活動を行っている。科学と魔法と街をテーマにした「魔法町シリーズ」を創作する。江戸時代の屏風を萌える絵でリメイクした作品など日本の伝統的分野との融合なども模索する。
livetuneは、音楽プロデューサー・kzさんによるソロプロジェクト。2007年に初音ミクを使った音源を制作して脚光を浴びた。2011年12月にはGoogleのCM楽曲「TellYour World」を発表し、さらなる人気を獲得。また、アニメの主題歌や挿入歌を手掛けるなど、様々な活躍を見せている。

Tokyo Otaku Modeによればこの動画は、同社の企業理念である「クリエイターを支援し世界との架け橋となること」や、「創作することの楽しみ・喜び」を表現しているという。
1000万「いいね!」突破をひとつの通過点として、今後も日本カルチャーの海外発信を目指す。
[高橋克則]

Tokyo Otaku Mode
/http://www.facebook.com/tokyootakumode



JohnHathwayさん コメント
「livetuneさんとのコラボという素晴らしい機会をいただき、新しい創作活動ができて楽しかったです。時間を
かけて作った作品とは違う今回のような新しい世界の次元も常に実験中です!
このPicture Jockeyは、絵による並行世界の線形結合的な次元の創作と考えております!楽しんでいただければ幸いです。」

kz(livetune)さん コメント
「1000 万いいね!おめでとうございます。Tokyo Otaku Mode1000 万人いいね!記念!ということで、そんなプレ
ミアムな動画に使用されるとは何とも光栄です。
背景がものすごく描き込まれているイラストって凄く好きなのですが、なかでもJohnHathway さんの作品はドンピシャで思わぬコラボに僕も舞い上がっております。作品が再構成されていく動画も見ていて、めちゃくちゃエキサイティングでした!」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • アニメ「DEVIL SURVIVOR2」 主題歌はivetuneとSEKAII NO OWARIのFukaseがコラボ 画像 アニメ「DEVIL SURVIVOR2」 主題歌はivetuneとSEKAII NO OWARIのFukaseがコラボ
  • 日本ポップカルチャーのメガサイトTokyo Otaku Mode シンガポールのアニメイベントAFAに出展  画像 日本ポップカルチャーのメガサイトTokyo Otaku Mode シンガポールのアニメイベントAFAに出展

特集