TOHOシネマズ学生映画祭 ショートアニメーション部門大賞に東京藝大、大城良輔さん | アニメ!アニメ!

TOHOシネマズ学生映画祭 ショートアニメーション部門大賞に東京藝大、大城良輔さん

ニュース アワード/コンテスト

3月17日、お台場シネマメディアージュで開催された第7回TOHOシネマズ学生映画祭にて、受賞作、受賞者の各賞が発表された。TOHOシネマズ学生映画祭では、ショートアニメーション部門に大城良輔さんの『あきちあそび』がグランプリに選ばれた。
大城良輔さんは東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻に在学中で、『あきちあそび』は第5期生の1年次制作作品である。準グランプリは、たいらはじめさん(早稲田大学川口芸術学校)の『いと恋し』が選ばれた。たいらさんは第11回インディーズアニメフェスタでは『おにぎりくん』が審査員賞となっている。

TOHOシネマズ学生映画祭は、現役大学生による「学生による、学生のための映画祭」というコンセプトのもと運営されている。既成概念にとらわれない学生ならではのユニークな作品の上映を目指す。2013年は「つながる」をテーマにショートフィルム部門、ショートアニメーション部門、再生可能エネルギー部門、シネアド部門の4部門で実施されている。
ショートアニメーション部門は、第4回から設けられている短編アニメーション部門が今年から名称を変更したものだ。若い才能の発掘を目指す映画祭が、アニメーションのジャンルを重視していることが分かる。

審査委員には、安藤親広さん(ロボット チーフプロデューサー)、臼井央さん(東宝プロデューサー)、 奥田誠治さん(日本テレビ放送網エグゼクティブプロデューサー)、、崔洋一監督、佐藤信介監督、杉井ギサブロー監督さんといったかたも参加した。
[真狩祐志]

TOHOシネマズ学生映画祭
/http://www.gakuseieigasai.jp/

第7回TOHOシネマズ学生映画祭 受賞作品

ショートフィルム部門
グランプリ
 『ふたりいろ』 塚本倫之
準グランプリ
 『くまのマイケル』 吉田はるか

ショートアニメーション部門
グランプリ
 『あきちあそび』 大城良輔
準グランプリ
 『いと恋し』 たいらはじめ

シネアド部門
グランプリ
 『「映画館で」観よう。』 庄司玲音
準グランプリ
 『走れメロス』 島田大地

再生可能エネルギー部門
グランプリ
 『RELAY』 小向英孝、加藤慶吾

審査員特別賞
 『さかい』 岡田恭平

ROBOT賞
 『母さん、引きこもりはじめました』 中島聖斗
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • TOHOシネマズ学生映画祭 第7回開催決定 ショートアニメーションなど4部門 画像 TOHOシネマズ学生映画祭 第7回開催決定 ショートアニメーションなど4部門
  • 東京学生映画祭 神山、本郷、山村 3監督がアニメ部門ゲスト審査員 画像 東京学生映画祭 神山、本郷、山村 3監督がアニメ部門ゲスト審査員

特集