「機動警察パトレイバー」が実写化されることが分かった。2013年3月21日に開幕した東京国際アニメフェア2013の会場:東北新社ブースで発表され、同日公式ティザーサイトが立ち上がった。
いずれも巨大なレイバーの姿と「PATRABOR 実写版プロジェクト起動 COMING IN 2014」のみが公開されている。リリース時期や監督などのスタッフ情報、キャストなどは不明だ。今後の展開を待つことになる。

一方で、本作が東北新社ブースで発表されたこと、そしてクレジット情報が東北新社とオムニバス・ジャパンであることから両社が製作に関わっていることが分かる。
東北新社とオムニバス・ジャパンは、特撮作品「牙狼」シリーズの映画やテレビシリーズのVFXで高い評価を受けている。本作でもこうした技術が生かされることが期待できそうだ。

「機動警察パトレイバー」は、1988年にOVAアニメ、ゆうきまさみ さんによるマンガなど様々なメディアで同時進行するプロジェクトとしてスタートした。ゆうきまさみさんのほか、高田明美さん、伊藤和典さん、出渕裕さん、押井守さんら日本のアニメや特撮シーンを代表するクリエイターが参加した。テレビアニメ、劇場アニメ、小説など様々なジャンルで活動が行われいずれも大ヒット、1980年、90年代を代表する作品となっている。
しかし、実写映像化はこれまでになく、ファンから大きな注目を集める。シリーズ誕生から25年、新たな展開が大きな話題を呼びそうだ。

「機動警察パトレイバー」実写版プロジェクト 公式サイト
http://patlabor-nextgeneration.com/《animeanime》