「翠星のガルガンティア」本編2話収録BD 驚きの放映前の無料配布

ニュース アニメ

テレビアニメ番組の放映本数がここ数年、再び増加に転じている。業界が活気づく一方で、作品の認知度をあげるためのプロモーションの重要性も増している。
とりわけシリーズでない、原作がない作品であればなおさらだ。より新しい方法、よりファンに驚きを与えるプロモーションが求められている。

そうしたなかで2013年4月よりスタートするテレビアニメ『翠星のガルガンティア』が、ひと際驚きを与える企画を打ち出した。本作の本編の第1話と第2話を収録したBlu-ray Discを、ファンに無料配布する。しかも、BDの配布は番組がテレビ放映を開始する一週間前になる。
3月30日、31日に幕張メッセにて開催される「アニメコンテンツエキスポ2013」バンダイビジュアルブースにて、各日開場に合わせて先着4000名、二日間合計で8000枚が配布される。配布されるパッケージにはカラーのジャケットがつけられ、無料配布のアイテムとは思えない作りになっている。

番組放映に先立つ作品の先行公開は、先行試写会の実施やネット試写会などもあり、近年のトレンドだ。いち早くファンの関心を掴み、作品に満足して貰えれば口コミが期待出来る。
それでも手元に保存できる無料BDは製造コストや配布の手間、さらに通常は数千円の価格となる市販用のDVD、BDと競合する可能性もあるから大胆な取り組みだ。いままでにない取り組みで話題を呼びたい、『翠星のガルガンティア』はそれだけ大きな期待作と言える。

『翠星のガルガンティア』は、実力派スタッフが集結したオリジナルSF冒険活劇だ。村田和也監督をはじめ、シリーズ構成・脚本に虚淵玄さん、キャラクター原案に鳴子ハナハルさんら、豪華クリエイター陣が参加している。
このたび本作の放送日時も決定した。4月7日22時からTOKYO MXでの放送を皮切りに、読売テレビ、中京テレビ、BS11などでオンエアが開始される。バンダイチャンネルとニコニコ動画では配信も予定している。

ストーリーは、異形の怪生命体ヒディアーズと戦いを続けていた少年兵レドが主人公。レドは型機動兵器チェインバーとともに時空のひずみへと呑み込まれてしまう。人工冬眠から目覚めたレドは、表面のほぼすべてを海に覆われた地球へ漂着したことを知る。
そこでは人々が巨大な船団を組み、旧文明の遺物を海底からサルベージすることで、つつましくも生き生きと暮らしていた。文化も習慣も異なる未知の環境に戸惑うレドは、船団の一つガルガンティアで人々との共生を模索する。それは戦うこと以外の生き方を知らない少年にとって、驚きに満ちた日々の始まりだった。
[高橋克則]

『翠星のガルガンティア』
2013年4月 テレビアニメ放送開始
/http://gargantia.jp

(c)オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会
《animeanime》

関連ニュース

特集