「リハビリウム 起立くん」販売開始 福岡のシリアスゲームプロジェクトが開発

ニュース ゲーム

3月8日より大阪のメディカ出版からリハビリ用起立運動支援ゲームソフト『リハビリウム 起立くん』の販売が開始された。ゲームを開発したのは九州大学、福岡市、GFFの産学官によって推進されてきたシリアスゲームプロジェクトである。
福岡市には『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』などのレベルファイブ、『ナルト』や『ジョジョの奇妙な冒険』などのサイバーコネクトツー、『ワンピース』などのガンバリオンがある。シリアスゲームプロジェクトも、これら地元のゲーム会社の有志団体・GFFと福岡市、九州大学の連携の一環として2009年から実施されてきた。

シリアスゲームは、ゲーム本来の楽しさを持ちながら教育や医療など社会的、実用的用途を含んだゲームを指す
。プロジェクトには新しい分野でのビジネスチャンスの開拓、制作や普及啓発活動を通じて福岡ならびに日本のゲーム産業を拡大する目的も含まれている。この取り組みはCEDECでも採択されており、業界内でも注目の分野となっている。

プロジェクトは九州大学芸術工学研究院が中心となり『樹立の森リハビリウム』として開発が進められていた。そしてこのたび商品として実用化されたものが今回の『リハビリウム 起立くん』になる。
リハビリ現場で行われている「起立運動」(椅子で立ち座りを繰り返す反復運動)をゲーム化したものだが、市販されているマイクロソフトのKinectによる認識で応用させている。

プレイヤーの動きに合わせてゲームが進行するのが特徴で、自発的に訓練する回数も自然と増える利点がある。また「起立運動」のほかに、付属のレクリエーション機能でフラダンスや太極拳、カラオケも楽しめる。
[真狩祐志]

『リハビリウム 起立くん』
/http://www2.medica.co.jp/topcontents/kirithu/
《animeanime》

関連ニュース

特集