「GAMEは進化し続ける。」がテーマ 東京ゲームショウ2013開催概要発表 会場拡大など

ニュース イベント

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、恒例のイベント「東京ゲームショウ2013」を幕張メッセにおいて、2013年9月19日(木)~22日(日)までの4日間にわたって開催する。出展の申込受付も開始されている。
今年のゲームショウは「GAMEは進化し続ける。」をテーマに掲げ、さまざまな施策を試みていく。

まず、より快適で安全な会場環境を目指し、会場を大幅に拡大する。従来の1~8ホールに加えて、9ホールとイベントホールを利用するほか、通路幅を広げるなどブース配置を改善する。さらに、人気ブースの待ち時間や配布物の情報を表示するインフォメーションディスプレイを場内に用意するなどして、混雑の緩和と来場者の満足度向上を目指す。

展示内容については、昨今のゲームの多様化を受けて、新たなコーナーが作られることになった。ネットワーク経由で提供するクラウドプラットフォーム等を扱う「クラウドゲーミングコーナー」をはじめ、女性層をターゲットにした「乙女ゲームコーナー」、「インディーズゲームコーナー」「コスプレコーナー」が設置される。
「ゲーム関連映画上映会」と人気ゲームや関連アニメをフィーチャーした「音楽ライブイベント」も会場内で開催される。ゲーム文化から生まれた多面的な魅力をアピールする。

ビジネス面においても、これまで以上の強化を目指す。ビジネス商談の機会を増やすため、アジアから多くの有力企業を誘致するほか、ベンチャー企業を対象する「ビジネススタートアップコーナー」も新設し、ゲーム産業の振興をすすめていく。
また、海外へのプロモーションの強化のため、アジア諸国の政府機関やゲーム団体との連携をさらに強める。プレイベントや、eスポーツ競技大会の予選会をアジア各国で開催する。ジャパンカルチャー関連サイトとも連動してプロモーションを展開するなど、海外からのビジネス来場者をより多く招き入れるための施策を用意している。

「公式動画チャンネル」をリニューアルして、今年から英語版チャンネルを新たに追加することになった。ゲームショウの模様を海外にリアルタイム配信して、その魅力をグローバルに伝えていくのが狙いだ。
CESAでは、来場予定者を20万人、出店者数を200社と見込んでいる。
[多摩永遠]

東京ゲームショウ2013(TOKYO GAME SHOW 2013)
/http://tgs.cesa.or.jp/index.html

主催: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社
後援: 経済産業省(予定)
会期:
9月19日(木) ビジネスデイ 10:00〜17:00
9月20日(金) ビジネスデイ 10:00〜17:00
※ビジネスデイは、ビジネス関係者およびプレス関係者のみの入場。
9月21日(土) 一般公開日 10:00〜17:00
9月22日(日) 一般公開日 10:00〜17:00
※一般公開日は、状況により、9:30に開場する場合があり。
会場: 幕張メッセ展示ホール1〜9/イベントホール/国際会議場

会場: 幕張メッセ 展示ホール1~9/イベントホール/国際会議場
来場予定者数: 20万人
出展社数: 200社(予定)
募集小間数: 1600小間
《animeanime》

関連ニュース

特集