「攻殻機動隊ARISE」は公安9課前の素子を描く 劇場上映4部作、6月22日スタート | アニメ!アニメ!

「攻殻機動隊ARISE」は公安9課前の素子を描く 劇場上映4部作、6月22日スタート

イベント・レポート

左から 石川光久さん、黄瀬和哉さん、坂本真綾さん、冲方丁さん
  • 左から 石川光久さん、黄瀬和哉さん、坂本真綾さん、冲方丁さん
  • ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
  • ©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
2013年2月12日、東京・六本木のnicofarreにて、大型タイトルの新たなアニメ展開が発表された。『攻殻機動隊ARISE』である。本作はマンガ家・士郎正宗さんの代表作を新たにアニメシリーズとするものだ。
発表にあたっては士郎正宗さんの原作マンガ、押井守監督による長編劇場映画、神山健治監督によるテレビシリーズ「Stand Alone Complex」に続く“第四の攻殻機動隊”を掲げる。これまでの3つがいずれも大ヒット作だけに、『攻殻機動隊ARISE』にも大きな期待がかかる。

そんな本作に対する意気込みは、12日の製作発表会からも感じられた。会場となったnicofarreには、今回の総監督を務める黄瀬和哉さん、シリーズ構成・脚本の冲方丁さん、アニメーション制作を担当するプロダクション I.Gの石川光久社長が登壇、さらにサプライズゲストとして今回新たに草薙素子役を務める坂本真綾さんが姿を見せる豪華なものとなった。
さらに会場の様子は、ニコニコ生放送、YouTube、バンダイチャンネルの3つのサービスで世界に同時生配信された。TOHOシネマズ 六本木ではライブビューイングが実施されるなど、大掛かりなものだ。ワールドワイドな人気を誇る「攻殻機動隊」に相応しいものである。

発表では、これまでベールに包まれていた気になる情報が次々に明らかになった。まず、ストーリーは、主人公である草薙素子の公安9課に入る以前の話を追う。最も新しい作品が最も過去の素子を描くことになる。石川社長が黄瀬総監督の本気を感じたとする新しいキャラクターデザインも、こうしたストーリーに合わせてか、これまでより若々しく感じさせる。
今回のストーリーのプロットは、2010年に原作者の士郎正宗さんが自ら石川社長に渡したものだ。石川社長はそれをさらに数々のヒット作を持つ作家・冲方丁さんにそれを渡した。今回、シリーズの全脚本を手がける冲方さんは、「ビジョンが明確にある、一方で自由度が高い。問われているような原案」とその印象を語った。現在は監督と綿密に話しながら、実際に制作を進めているかたちだと話した。

シリーズの最初の作品が姿を見せるのは、6月22日となる。今回は1話およそ50分の4部作を予定している。第1部「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」は、6月22日にTOHOシネマズ六本木、新宿バルト9ほかにて2週間の限定上映をスタートする。第2部以降も、その後、順次上映となる。
さらに同日、各上映館にてシナリオ付き劇場限定版Blu-rayを発売(税込8000円)、有料配信もスタートなる。近年注目を浴びている『機動戦士ガンダムUC』や『宇宙戦艦ヤマト2199』と同様の展開だ。7月26日には、BDとDVDの一般発売となり、『攻殻機動隊ARISE』の熱い夏となりそうだ。

そして、もうひとつの大きな発表は、新たなキャストだろう。劇場長編や「攻殻機動隊 S.A.C」シリーズから一新された。
今回ゲスト出演もした坂本真綾さんは、『空のエスカフローネ』のひとみや『空の境界』の両儀式など数々の当たり役がある。しかし、黄瀬総監督は声のみの判断で決め、坂本さんを強く推した。実は坂本さんは、これまで少女時代の素子を演じた経験もあるが、それも関係なかったという。
坂本さんは「はじめて(素子を)演じた時が15歳、32歳のいま演じられるのはご縁だと思います。大切に演じたい」と語った。
このほか荒巻大輔役に塾一久さん、バトー役に松田健一郎さん、トグサ役に新垣樽助さん、イシカワ役に檀臣幸さん、サイトー役に中國卓郎さん、パズ役に上田燿司さん、ボーマ役に中井和哉さんと重厚なキャスト陣となった。キャストからも6月の公開を期待させるに十分だ。

『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』
公式サイト /http://www.kokaku-a.com/

「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」
6月22日劇場上映、Blu-ray劇場先行発売

[スタッフ]
原作: 士郎正宗
総監督・キャラクターデザイン: 黄瀬和哉
シリーズ構成・脚本: 冲方丁
音楽: コーネリアス
メカニックデザイン: 柳瀬敬之
3DCGI: オレンジ
3DCG監督: 井野元英二
美術: Bamboo
美術監督: 竹田悠介、益城貴昌
美術設定: 加藤浩(ととにゃん)
プロップ・美術設定: 荒川直樹
撮影監督: 田中宏侍
音響監督: 岩浪美和
編集: 植松淳一
アニメーション制作: Production I.G

[キャスト]
草薙素子: 坂本真綾
荒巻大輔: 塾一久
バトー: 松田健一郎
トグサ: 新垣樽助
イシカワ: 檀臣幸
サイトー: 中國卓郎
パズ: 上田燿司
ボーマ: 中井和哉
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 「攻殻機動隊ARISE」製作決定 第4のアニメ作品、総監督:黄瀬和哉 構成・脚本:冲方丁 画像 「攻殻機動隊ARISE」製作決定 第4のアニメ作品、総監督:黄瀬和哉 構成・脚本:冲方丁
  • 押井守監督、新作映画は2014年初夏公開 国際共同製作「The Last Druid:Garm Wars」 画像 押井守監督、新作映画は2014年初夏公開 国際共同製作「The Last Druid:Garm Wars」

特集