『ドラゴンボールZ 神と神』 野沢雅子「かめ~はめ~波!」でゲストの松本薫、しょこたん応援

ニュース 映画/ドラマ

2013年3月30日に全国公開する映画『ドラゴンボールZ 神と神』は、「ドラゴンボール」シリーズの17年ぶりの劇場作品と大きな話題を呼んでいる。そんな話題の作品を盛り上げるのが、先日発表されたばかりのゲスト声優だ。
柔道女子57キロ以下級のロンドン五輪金メダリスト松本薫さん、人気タレントの中川翔子さんが、それぞれ白バイ女性隊員、予言魚の役柄で参加する。注目度抜群の二人が声優出演で『ドラゴンボールZ 神と神』を応援する。

1月28日には、早くも都内のスタジオでふたりが参加するアフレコ収録が行われた。人生で初声優の松本さんはやや緊張した面持ちで、「もっと元気な感じでお願いします。」といったアドバイスを受けながら」アフレコに挑んだ。
数々の声優経験が豊富はしょこたんも、緊張した様子だった。大好きな「ドラゴンボールZ」に出演出来ることを「人生最高のミラクル!」と、少しとぼけた予言魚を熱演した。今回の役作りのテーマは、「しょこたんをを感じさせないこと」と言い、物語の世界に入りきった。

そんなふたりの応援にかけつけたのが、孫悟空、孫悟飯、孫悟天の声優としてシリーズを支えてきた野沢雅子さん。松本薫さんの声の演技には、「初めてとは思えない」と大絶賛した。そして、松本薫さんのお願いに応えて「かめ~はめ~波」の掛け声で声援を送った。
そしてしょこたんには「オッス!しょこたん!一緒に飯喰うぜ!」と、悟空の声でお食事のお誘いで、しょこたんを大感激させた。また、しょこたんのアフレコについても、役作りの目的「しょこたんを感じさせない」に太鼓判を押した。

松本さんは、映画の見どころとして「ドラゴンボールを観て頑張ってきた自分が初心に戻ったところを見て欲しい」とアピールした。しょこたんは、「映画は永遠に残る宝物」と紹介。
野沢さんは「見どころは最初から最後まで全部。ドラゴンボールの家族が総出演なので楽しんでください」と話す。最後は3人で「かめ~はめ~波」を行い、スタジオに向かって映画に向けたエネルギーを放出した。

『ドラゴンボールZ』
2013年3月30日(土) 超拡大公開
/http://www.dragonball2013.com/
《animeanime》

関連ニュース

特集