新海誠 新作短編「だれかのまなざし」予告編公開 野村不動産とコラボレーション

ニュース 話題

新海誠監督による2013年に新作映画『言の葉の庭』が公開前から注目されている。その新海誠監督の別の新作が、公開されることが明らかになった。
オリジナルショートムービー「だれかのまなざし」である。脚本・監督を新海誠監督が担当、アニメ制作は コミックス・ウェーブ・フィルム、NEST、TYOエムワンプロダクションが手がけ、アンサー・スタジオが制作協力する。

本作は、新海誠監督と野村不動産がコラボレーションするプロジェクトである。野村不動産の展開するマンションブランド「プラウド」のオリジナルショートムービーとの位置づけだ。「時を超えても、家族の絆をより深く美しく包み込む」というプラウドのメッセージをアニメの中に込めた。
就職を機に一人暮らしを始めた社会人2年生の岡村アヤとそのお父さん、お母さん、そして猫のミーさんのストーリーとなる。新海監督が得意とする人々の何気ない心の動きが描かれそうだ。

また、主題歌には、京都を中心の活躍する和紗さん起用された。定評のある癒しのボイスをここでも披露する。
さらに『うる星やつら』のラム役などで知られる平野文さん、花村怜美さん、小川真司さんらがキャストに参加する。こちらも楽しみな顔ぶれだ。
このオリジナルショートムービーは2013年2月10日、11日に東京・有楽町 東京国際フォーラムで開催されるPROUDBOX感謝祭で先行上映される。現在は、このPROUD BOX 感謝祭の公式サイトで予告編を公開している。

新海誠監督は、企業コラボレーションにはこれまでも積極的に取り組んでいる。信濃毎日新聞のテレビコマーシャルや大成建設「ボスポラス海峡トンネル篇」のテレビコマーシャルなどがある。
そのほかNHK「アニ*クリ15」の『猫の集会』もあり、短編作品も得意な監督と言えそうだ。

PROUD BOX 感謝祭
/http://www.proudbox.jp/

ショートフィルム「だれかのまなざし」
脚本・監督: 新海誠

主題歌「それでいいよ」(和紗)
語り: 平野文
出演キャスト: 花村怜美、小川真司

制作: コミックス・ウェーブ・フィルム、NEST、TYOエムワンプロダクション
制作協力: アンサー・スタジオ
製作: 野村不動産
《animeanime》

関連ニュース

特集