寺田克也・過去10年間の仕事 京都で振り返る「ココ10年展」3月から

ニュース イベント

マンガ家、イラストレーターとして活躍する寺田克也さんの過去10年間の仕事を一望する展覧会「寺田克也 ココ10年展」が、今年3月24日から京都国際マンガミュージアムで開催される。
寺田克也さんは、マンガ家やイラストレーターとして活躍する。『西遊奇伝大猿王』、『ラクダが笑う』などの代表作がある。さらにゲームやアニメのキャラクターデザインなど幅広い分野で仕事を手がける。その作品は「バーチャファイター」シリーズ、や実写映画『ヤッターマン』、『仮面ライダーW』などでお馴染みだ。その独特の世界観は国内のみならず、海外でも評価が高い。

今回の展覧会では、そんな寺田克也さんの最近10年間の仕事に絞って紹介する。それでも展示作品は寺田さんの多彩な仕事ぶりを反映して、約300点にも及ぶ。このなかにはマンガ、イラスト、ゲーム、キャラクターのカラーイラストや設定画、原画、関連書籍などが含まれる。寺田ワールドの奥の深さを知るのに最適だ。
また、展示監修を寺田さんとの共作もある編集者、クリエーターの伊藤ガビンさんがする興味深いものなる。伊藤さんならではの視点で、作品のほかその制作過程にも迫る。

展覧会の会期は3月16日から6月30日まで、ミュージアムの入場料以外は無料で観覧出来る。また会期中は、伊藤ガビンさんと寺田さんによるトーク&作画ライブ、落語家・林家彦いちと寺田さんによるライブトークなども予定している。
詳しくは、京都国際マンガミュージアムのサイトにて確認出来る。

京都国際マンガミュージアム
/http://www.kyotomm.jp/

寺田克也 ココ10年展
/http://www.kyotomm.jp/event/exh/teradakatsuya_10years.php
期間: 2013年 3月16日(土)~6月30日(日)
10時~18時(入館は17時30分まで) (休館日あり)
会場: 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1・2・3
料金: 無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要
主催: 京都国際マンガミュージアム
協力: 飛鳥新社、エンターブレイン、講談社、集英社、小学館集英社プロダクション、徳間書店、早川書房、パイ インターナショナル、プロダクションI.G、マガジンハウス、ワニマガジン社(五十音順)
後援: 朝日新聞社 / 展示監修:藤ガビン(ボストーク株式会社)
《animeanime》

関連ニュース

特集