「パパンがパンダ」、「LINE OFFLINE」のハッピープロジェクト 福岡でメイキングを披露

イベント・レポート

「『パパンがパンダ』メイキングセミナー」
  • 「『パパンがパンダ』メイキングセミナー」
  • 「『パパンがパンダ』メイキングセミナー」
  • 田上キミノリさん
  • 田上キミノリさん
12月21日、福岡市のデジタルハリウッド福岡校にて「『パパンがパンダ』メイキングセミナー」が開催された。『パパンがパンダ』はキッズステーションで放送されているCGのショートアニメである。そして、ハッピープロジェクトは福岡にあるCGプロダクションだ。
ハッピープロジェクトは『パパンがパンダ』以外にも、1月7日25時30分から5分間、毎週月曜、火曜、水曜にテレビ東京で放送されるLINEのショートアニメ『LINE OFFLINE ~サラリーマン~』も制作中でもある。

福岡では、『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』で知られるレベルファイブなどゲーム会社が元気だ。その一方でショートアニメでヒット中の『Peeping Life』を制作しているForest Hunting Oneや、『放課後ミッドナイターズ』のモンブランピクチャーズなどの動きも出てきている。ハッピープロジェクトも、そうした流れの中で注目されている。
今回のセミナーは代表の田上キミノリさんが、登壇した。田上さんがデジタルハリウッド福岡校の卒業生でもあることから実施された。

ハッピープロジェクトは、このデジタルハリウッド福岡校の同期の仲間を中心に、卒業後に活動を開始した。田上さんの卒業制作『USAO!』が日本テレビ系列のFBS(福岡放送)で商用化、その後会社を設立しCM制作などを中心としている。最近ではマイケル・ジャクソンの命日に自主制作したミュージックビデオを公開して話題になったことでも知られる。
近年はオリジナル作品の制作にも力を入れるようになった。その背景にはリーマン・ショックで受注にも影響が及んだだめ、CMだけでは食べれなくなってくるのではないかという危機感もあったためだ。

そのタイミングでオリジナルをやってみようと思って制作したのが、『フルーティ侍』である。自分たちが持っている能力でやり、作品をリリースしていく方に力を注いだという。
『フルーティ侍』は、コンテストなどでも受賞歴を重ねて知名度も上がった。なかでも出展した東京コンテンツマーケット2010で計5つのTCMサポーターズ賞を獲得して好評を得たことが話題を呼んだ。『パパンがパンダ』は、こうしたなかでキッズステーションでの放送や、各種グッズ化が進んだと説明する

これらオリジナル作品を進める一方で、ハッピープロジェクト新たなチャレンジとなるプロジェクトに参加する。5分モノのテレビアニメ『LINE OFFLINE ~サラリーマン~』である。
田上さんは、また田上さんは同じ制作でもCMであればその都度の単発納品になるが、今回のように継続して制作するのは初めてと話す。そして「『フルーティ侍』を100本作れるラインを持つスタジオに出来て、福岡でプロデュースとディレクションの仕事が持てれば、後進も福岡にいながら育っていけるんじゃないか」とその思いを話した。
また、「土地柄としてゲームをやりたいからCGを選択する人が多いけど、アニメを作りたいからという選択肢も出来たらいいな」とも語る。ハッピープロジェクトは東京国際アニメフェア2013のクリエイターズワールド・アドバンスにも出展する。春にはこちらでも最新の活動状況を見れるだろう。
[真狩祐志]

ハッピープロジェクト
/http://www.happyproject.jp/
デジタルハリウッド福岡校
/ http://blog.dhw.co.jp/fukuoka/
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集