「イナズマ」「ダンボール」の巨大羽子板登場 浅草寺に天馬とバンが参拝

ニュース 映画/ドラマ

12月1日に劇場公開された『イナズマイレブンGO vsダンボール戦機W』(『イナダン』)が人気を呼んでいる。本作は『イナズマイレブンGO』と『ダンボール戦機W』のふたつの人気アニメがひとつの作品として融合した話題作だ。
そんなふたつの作品のそれぞれの主人公『イナズマ』の松風天馬、『ダンボール』の山野バンがアニメから飛び出して、東京・浅草寺に姿を見せた。なんと12月17日から始まった名物・羽子板市を見物するためだという。

まずふたりは、袴姿で雷門前に集合。そこで『イナズマイレブン GO』に登場するキャラクターであるワンダバとも合流し、3人そろって香炉の煙で身を清め、ヒット御礼のお参りをした。

さらにふたりが羽子板市を訪れた目的は、『イナダン』の大ヒット公開を記念して作られた全長1.8メートルにも及ぶ巨大『イナダン』の羽子板を見るためだ。この『イナダン』羽子板は、袴や着物を装ったキャラクターたちが宝船に乗っている。大胆なデザインが、羽子板市を盛り上げている。
羽子板商組合によるとこの羽子板は、昔からの日本画の具材を使用した本格的なもの。制作には一ヵ月もの期間がかかった。キャラクターの羽子板は、一般的な羽子板と違ってそのイメージを忠実に再現することが難しく、ヘアスタイルや髪の毛の色などは細かい作業をしたとのことだ。この羽子板は、12月19日まで浅草寺内の羽子板市にて飾られる。

『イナダン』関連企画は、ほかにも続く。12月21日には、公式サイト映画のキャラクター人気投票「イナダン総選挙」の結果が発表される。ファンの間では俄然注目を集めている。
『イナダン』は、劇場で配られる「『イナダンテレフォン』ひみつナンバーカード」が、人気で回線が一時パンクするなど大きな反響を起こしている。冬休みシーズン突入でさらに人気を集めそうだ。

劇場版『イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W』。
絶賛公開中
/http://www.inazuma-movie.jp/
《animeanime》

関連ニュース

特集