尼子騒兵衛さんの『落第忍者乱太郎』(朝日新聞出版)を原作に、テレビアニメ、映画、舞台と様々なシーンで活躍する『忍たま乱太郎』が実写映画となり2013年7月に公開される。映画『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』である。
主演・乱太郎役には、大河ドラマ『天地人』などで活躍する加藤清史郎くんが起用された。大胆にスケールアップして登場という本作が大きな話題を呼ぶことになりそうだ。

原作『落第忍者乱太郎』は、累計部数870万部にも達する大ベストセラーだ。1993年からテレビアニメ化、以降は現在まで放映が続きオンエア話数は1500話を超えるロングラン作品となっている。テレビ開始から20周年にあたるのが2013年、その記念すべき年に映画『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』が登場する。
そんなメモリアルイヤーの作品になるだけに、『夏休み宿題大作戦!の段』はこれまでにない大きな物語になる。映画製作にあたっては、“忍たま史上最大の大戦闘勃発!”のキャッチコピーもつけられた。

今回、忍術学園の忍たまたちが挑むのは、手にした者が天下を制するといわれている幻の妖刀・極楽丸の奪還だ。大きな力を持つ刀だけに、これをめぐってドクタケ城の面々をはじめ、さまざまな忍者たちも暗躍する。
天下を狙う黒幕は誰なのか?忍たまたちは、この大乱戦をくぐりぬけ、任務を遂行することができるのかが見どころだ。そして、物語はやがて思いもかけない結末へ向かう。

監督が『仮面ライダーアギト』、『仮面ライダー555』、『小さき勇者たち~ガメラ~』の田﨑竜太さんであることも注目したい。特撮作品で高い評価を受けてきた監督だ。
果たして、『忍たま乱太郎』をどんなかたちに味つけするのだろうか。いまから楽しみである。

映画『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』
2013年7月 全国ロードショー

原作: 尼子騒兵衛 「落第忍者乱太郎」(朝日新聞出版刊)
監督: 田﨑竜太

[出演]
加藤清史郎 (猪名寺乱太郎)
林遼威 (摂津のきり丸)
神月朱理 (福富しんべヱ)《animeanime》