「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」に新シリーズ NYタイムズ・マンガ部門1位の話題作 | アニメ!アニメ!

「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」に新シリーズ NYタイムズ・マンガ部門1位の話題作

ニュース マンガ

環望さんが描く人気マンガ『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』が、新たなかたちで「月刊コミックフラッパー」(メディアファクトリー)に還って来る。11月5日発売の同誌12月号に、『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド スレッジ・ハマーの追憶』が掲載される。
『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』は、東京湾沖に作られたヴァンパイア特区「ヴァンパイアバンド」を舞台に女王ミナと彼女に仕えることを運命づけられた鏑木アキラの物語を描いた。2006年から2012年10月号まで連載をし、その第1部が大団円を迎えた。

作品は2010年にテレビアニメ化もされるなど、高い人気を博している。また、この秋に北米で発売された英語翻訳版の13巻は、2012年10月21日付のニューヨークタイムズの発表する週間ベストセラーのマンガ部門で1位に輝いた。同じ週には『BLEACH』48巻や『バクマン。』15巻、『遊戯王5D‘S』、『ポケットモンスター』の最新刊もあったがそれらを上回った。

今回の『スレッジ・ハマーの追憶』は、今後期待されるシリーズ2部への前哨戦ともいうべき位置づけだ。番外編として、過去と現在を結びつけるブリッジストーリとなる。スレッジ・ハマーと呼ばれた男、浜誠児が獣人となった理由、彼が後藤を愛する理由が明かされていく。
12月号ではセンターカラーで掲載される。シリーズのファンにとっては見逃せないものとなる。

「月刊コミックフラッパー」12月号では、このほかにアニメも好評な『ガールズ&パンツァー』コミカライズ作、『魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)』コミカライズ作、なども連載している。



「月刊コミックフラッパー」12月号
11月5日発売
定価: 490円(税込) 
発行: メディアファクトリー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」大団円 「月刊コミックフラッパー」10月号に最終回 画像 「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」大団円 「月刊コミックフラッパー」10月号に最終回
  • 「ダンスインザヴァンパイアバンド」放送情報決定 新房×シャフト新作 画像 「ダンスインザヴァンパイアバンド」放送情報決定 新房×シャフト新作

特集