第33回SF大賞候補6作品を発表 話題の「屍者の帝国」も

ニュース ノベル

日本SF作家クラブは、33回目を迎える日本SF大賞の候作を発表した。今回、挙げられたのは、『機龍警察 自爆条項』(月村了衛/早川書房)、『ゴースト・オブ・ユートピア』(樺山三英/早川書房)、『屍者の帝国』(伊藤計劃×円城塔/河出書房新社)、『シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』(藤元登四郎/中央公論事業出版)、『Delivery』(八杉将司/早川書房)、『盤上の夜』(宮内悠介/東京創元社)の6作品である。
このなかから選考委員会で協議を経て、第33回SF大賞が決まる。選考結果は、例年その年の12月初旬に発表されている。

日本SF大賞は、小説だけでなく、評論やマンガ、ラスト、映像、音楽などメディアを超えたSF作品を対象とする。これまでにマンガやアニメの受賞や候補作も少なくない。しかし、今回の候補作は、いずれもテキスト作品だった。
このうち『屍者の帝国』は、2006年で世を去った伊藤計劃さんの未完作品を友人の作家・円城塔さんが引き継ぎ完成させた話題作だ。冒険長編小説となっている。

『シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』は、今回、唯一のノンフィクションとなっている。第6回日本SF評論賞選考委員特別賞受賞者でもある藤元登四郎さんが、精神医学や美術の視点からSF、ミステリーなどで知られる荒巻義雄さんの初期作品を読み解く評論書である。ジャンルを超える日本SF大賞らしい選択である。
前回の受賞作品は上田早夕里さんの『華竜の宮』だった。これに続く作品は何になるのか、多くのSFファンの注目が集まる。


第33回SF大賞候補作

『機龍警察 自爆条項』 月村了衛(早川書房)
『ゴースト・オブ・ユートピア』 樺山三英(早川書房)
『屍者の帝国』 伊藤計劃×円城塔(河出書房新社)
『シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』
藤元登四郎(中央公論事業出版)
『Delivery』 八杉将司(早川書房)
『盤上の夜』 宮内悠介(東京創元社)

主催: 日本SF作家クラブ  後援: 徳間書店

『機龍警察 自爆条項』 月村了衛


『ゴースト・オブ・ユートピア』 樺山三英


『屍者の帝国』 伊藤計劃×円城塔


『シュルレアリスト精神分析―ボッシュ+ダリ+マグリット+エッシャー+初期荒巻義雄/論』 藤元登四郎


『Delivery』 八杉将司


『盤上の夜』 宮内悠介
《animeanime》

関連ニュース

特集