「BOOK☆WALKER」無料配信マンガから、初の単行本発売決定 

ニュース マンガ

マンガ業界でも、電子書籍の存在感が増している。リアルのマンガ雑誌と同様に、電子マンガ雑誌からの単行本出版の流れが生まれている。
角川グループの電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」などで注目を集めた電子マンガ作品が、10月25日より単行本として発売される。最初のラインナップ3作品は、いずれも電子マンガ配信で人気を集めたものだ。

10月25日に発売されたのが、4コマのマンガ家として高い人気を誇る小笠原朋子さんの『ラブカラ Colorful Love』だ。「BOOK☆WALKER」で好評の作品に、描き下ろし4コママンガを追加した。
続いて11月1日からは無料電子マンガ誌「月刊コミックゲートアッシュ」、「月刊コミックゲートアッパー」で連載の2作品、桜庭ゆいさんの『なぎさ@ホーム』と美神はじめさんの『きよタマ!』がリリースされる。発行はいずれもエンターブレインとなる。

「BOOK☆WALKER」は、ライトノベル、コミック、文芸、新書など角川グループの作品を中心に8000タイトル以上を販売する電子書籍配信サイトだ。2011年からはニコニコ動画やGREE等と連携サービスをスタートさせ、新しい読書スタイルの提案を行っている。電子書籍のプラットフォームとしての存在感も増している。
単行本化が決定した3作はいずれも「BOOK☆WALKER」で多くのファンを獲得した。『ラブカラ Colorful Love』は今の関係が大事だから恋の一歩を踏み出せない大学生たちの青春群像劇を描いている。単行本でしか読めない描き下ろし4コマ漫画も追加した豪華版だ。電子コミックと単行本で異なるカバーイラストを採用しており、こちらも注目となる。
『なぎさ@ホーム』はバスケ部マネージャーを務める高校二年生の松苗なぎさが主人公。恋にひたむきな彼女の、普通とは少し異なる家庭の絆を描いた成長物語だ。『きよタマ!』はク-ルな霊感少女と幽霊が少し見える少年の二人が繰り広げるゴーストハントストーリー。単行本ではキャラの新たな魅力を表現した描き下ろし4コマが収録される。

11月以降も、電子コミックの単行本リリースは継続して行われる予定だ。マンガビジネスでは雑誌は作品紹介の場として、収益は単行本から回収するとも言われる。ウェブ配信、特に無料配信作品の単行本化は、そうした流れをさらに推し進めている。今後のトレンドとしても注目される。
[高橋克則]

「BOOK☆WALKER」
/http://bookwalker.jp
《animeanime》

関連ニュース

特集