東京国際アニメ祭 2012秋 開催概要発表 お台場で3イベントと共催 | アニメ!アニメ!

東京国際アニメ祭 2012秋 開催概要発表 お台場で3イベントと共催

ニュース イベント

毎年秋に開催されるアニメーションの国際見本市「東京国際アニメ祭2012秋」の開催概要が発表された。2010年、2011年は東京・秋葉原のUDXで実施されていたが、2012年は会場をお台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAに変え、10月23日から25日までの3日間の期間となる。
マーケットの主催は経済産業省と一般社団法人日本動画協会である。海外からのバイヤーなどに向けて、国内アニメーション産業の国際展開を目指す。

会場の移転は2012年より毎年同時期に開催されていた映画・テレビ番組・コンテンツの国際見本市であるTIFFCOMが、六本木ヒルズ 森タワーより同じのホテル グランパシフィック LE DAIBAに会場を変えるのに合わせた。東京国際アニメ祭、TIFFCOMのほか、音楽見本市のTIMM、クリエイター見本市CMTも併催となり4つの見本市の同時開催となる。
世界各国からバイヤーが訪れる場で、日本の様々な領域のコンテンツをワンストップで一望出来る体制を築く。これによりコンテンツビジネス取引の拡大を実現する。昨年までは、領域に重複のあるTIFFCOMと東京国際アニメ祭が、同時期に六本木と秋葉原で開催される不便さも指摘されていた。特にアニメーションの関係者にとって利便性は大きく向上しそうだ。

期間中、会場にはアニメ製作会社アニプレックスなどによる企業出展が行われる。最新のアニメ作品などのライナップを紹介し、海外のバイヤーにアピールする。
また、ビジネスセミナー「アニメ産業の現在 アニメ産業レポート 2012」(10月25日13時~14時半)、シンポジウム「アニメ産業の現状と展望」(10月25日(木)14時40分~16時)も予定する。詳細は今後、公式サイトなどで発表する。

期間中の入場は事前申込制となり、9月3日から10月 5日の申し込みで通常料金 15000円(税込)、
当日料金 20000円(税込)となる。こちらは東京国際アニメ祭のほか、TIFFCOM、TIMM、CMTの入場も含まれている。
TIFFCOMにはアニメーションやマンガに強みを持つ、アサツー ディ・ケイ、NASや角川書店、講談社、メディアファクトリー、日本アニメーション、小学館集英社プロダクション、キングレコード、手塚プロダクション、トムス・エンタテインメント、東映アニメーションなどが企業出展する。


東京国際アニメ祭 2012
/http://www.cofesta.jp/2012/jp/event/event-detail.html?eid=45&cid=&aid=
会場: ホテル グランパシフィック LE DAIBA
開催日時:2012年10月23日(火)~ 25日(木) 
9:00〜18:00 (最終日のみ 17:00迄)
主催: 経済産業省、一般社団法人日本動画協会
後援: 東京都、NPO法人映像産業振興機構
協力: 公益財団法人ユニジャパン、独立行政法人 日本貿易振興機構、財団法人音楽産業・文化振興財団、東京国際アニメフェア実行委員会事務局

入場: 事前申込制
通常料金 15,000円(税込) (9月3日(月)〜10月 5日(金)期間中)
当日料金 20,000円(税込)
* TIFFCOM、TIMM、CMTの入場も含む

ビジネスセミナー
10月25日(木) 13:00~14:30
「アニメ産業の現在 アニメ産業レポート 2012」
ビデオマーケット取締役 増田弘道氏
シンポジウム:
10月25日(木) 14:40~16:00
「アニメ産業の現状と展望」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 東京国際アニメ祭 2011 秋 開催概要を発表 画像 東京国際アニメ祭 2011 秋 開催概要を発表
  • 「東京国際アニメ祭 秋」にクリエイターズワールド展示会が登場 画像 「東京国際アニメ祭 秋」にクリエイターズワールド展示会が登場

特集