京都国際マンガ・アニメフェアにビジネスセミナー 講師に山本寛監督ら | アニメ!アニメ!

京都国際マンガ・アニメフェアにビジネスセミナー 講師に山本寛監督ら

ニュース イベント

西日本最大級のマンガ・アニメの総合イベントを目指す京都国際マンガ・アニメフェア2012(京まふ)が、9月21日から23日まで京都で開催される。人気マンガ・アニメのイベントや大型ライブが注目される京まふだが、実は本イベントはコンテンツの総合見本市の役割も持っている。
特に開催初日の21日は、ビジネスデーとして、キャラクターの権利を持つ企業とキャラクターを使ってビジネスを拡大したい企業のマッチングを行う。関西圏と日本のマンガ・アニメの産業振興を目指す。

これに加えて当日は、マンガ・アニメビジネスをテーマにしたセミナーも開催される。8月29日に、このセミナーの詳細、タイトル、内容、登壇者らが発表になった。また、イベントの公式サイトでは、参加の事前申し込みも開始した。
会場は企業のブース出展も行われる京都市勧業館(みやこめっせ)である。3つのビジネスセミナーがあるが、いずれも参加費は無料だ(9月19日まで事前登録受付要)。ただし、当日のビジネスデーの受付は1000円になる。興味のある場合は、事前登録が便利だろう。

セミナーは13時の「マンガ・アニメで始める京都発・新産業創出とは?」からスタートする。アニメ監督の山本寛さんと慶應義塾大学大学院の中村伊知哉教授が、“京都のまち”をテーマに、マンガ・アニメとコラボレーションが新産業を創出するのか、国際的にどのような効果があるのかについてトークする。
14時15分からのセミナーは2部構成になる。第1部はプロダクション I.Gの郡司幹雄さんが、仙台市におけるアニメ『戦国BASARA』の協力を例に、「地域発、マンガ・アニメ・コラボレーション事例」を紹介する。第2部は増田弘道さんが「海外へ、中国マンガ・アニメ市場への進出」と題し、中国のアニメ市場について考える。
最後の「マンガ・アニメで新産業、ライセンスビジネスとは?」は、16時15分にスタートする。キャラクター・データバンクの陸川和男代表取締役社長、日本動画協会の松本悟さんがマンガ・アニメの  ライセンサーと新産業を創出するライセンスビジネスの方法を解説する。

セミナーは地域をテーマにしたものが多くなっている。京都国際マンガ・アニメフェアが、関西地区のコンテンツ産業活性化を目指したものであることが窺われる。
首都圏ではアニメ・マンガをテーマにしたビジネスセミナーは少なくないが、関西ではこれまで十分だったとは言えない。ビジネスノウハウの共有を大きく広げる点で、貴重なセミナーと言えそうだ。

京都国際マンガ・アニメフェア2012 ビジネスデー
http://kyomaf.jp/businessday/

日時: 2012年9月21日(金) 12時~17時
会場: 京都市勧業館(みやこめっせ)
参加費: ビジネスデー 無料(当日申込みの場合1,000円)

[ビジネスセミナー]
申込み期限 ~9月19日(水)

■ マンガ・アニメで始める京都発・新産業創出とは?
時間: 13時~13時45分
登壇者
山本寛 (アニメーション監督)
中村伊知哉 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

■ 地域発、マンガ・アニメ・コラボレーション事例
■ 海外へ、中国マンガ・アニメ市場への進出
時間: 14時15分~15時/15時~15時45分
登壇者
郡司幹雄 (プロダクション・アイジー 企画室 執行役員)
増田弘道 (一般社団法人 日本動画協会 事業委員会副委員長/データベースワーキング座長)

■ マンガ・アニメで新産業、ライセンスビジネスとは?
時間: 16時15分~17時(45分)
登壇者
陸川和男 (キャラクター・データバンク 代表取締役社長、産業能率大学 デジタルコンテンツラボ 客員研究員)
松本悟 (一般社団法人 日本動画協会 専務理事/事務局長)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • トムス・エンタテインメント 京都国際マンガ・アニメフェア2012へ出展 画像 トムス・エンタテインメント 京都国際マンガ・アニメフェア2012へ出展
  • 「宇宙戦艦ヤマト2199」のメカニックディティール一挙公開 京都の大型イベントで 画像 「宇宙戦艦ヤマト2199」のメカニックディティール一挙公開 京都の大型イベントで

特集