「伏 鉄砲娘の捕物帳」10月20日公開決定 キャストに寿美菜子、宮野真守 ニトロプラスがコラボ参戦

ニュース 映画/ドラマ

桜庭一樹さんの小説を初の劇場アニメ映画とする『伏 鉄砲娘の捕物帳』の公開日が10月20日に決定した。また、これに合わせてメインキャスト、新たなコラボレーションなどの関連情報が一挙に発表された。
公開日まで残り3か月あまり、一気に話題を盛り上がる戦略だ。今年秋には、大作、話題作とアニメ映画が数多く登場するが、『伏 鉄砲娘の捕物帳』も確かな存在感を示しそうだ。

発表されたキャストは7人、いずれも人気、実力とも抜群の声優陣となっている。ヒロインの浜路に『けいおん!』琴吹紬役の寿美菜子さん、さらに物語の中心となる信乃役に『機動戦士ガンダム00』刹那役などの宮野真守さん、冥土役に『エウレカセブンAO』アラタ・ナルなどで好評を博している宮本佳那子さんが起用される。
さらに小西克幸さん(道節役)、坂本真綾さん(船虫役)、神谷浩史さん(馬加役)、野島裕史さん(家定役)とアニメファンにお馴染みの名前だ。物語や映像だけでなく、キャスト面からも楽しめる作品となっている。

さらに注目は、本作とPCゲームやアニメなどで話題の作品を次々に創りだすニトロプラスとのコラボレーションが決定したことだ。このコラボは『伏 鉄砲娘の捕物帳』が進める作品世界の拡張プロジェクトのひとつである。
『伏』では「桜庭一樹と八人の伏師たち」とタイトルして、が息づく世界を拡張する八人のクリエイターとのコラボレーションをする。その第ニ弾として、ニトロプラスの七篠トリコさノシナリオ、三杜シノヴさんのキャラクターデザインによるスピンアウトストーリー『伏 銀華(ケモノ)と氷刃(ハガネ)の猟奇録』のドラマCDが発売される。さらに8月10日に発売されるアニメディア9月号でも連載をスタートする。桜庭一樹さんとニトロプラス、こちらも話題性十分だ。

『伏 鉄砲娘の捕物帳』は、『GOSICK-ゴシゥク-』や『私の男』などの桜庭一樹さんの小説を原作とする。誰も知る滝沢馬琴による古典『南総里見八犬伝』」を桜庭さんが大胆に新解釈した話題作だ。人と犬の血をひき、人に化けて暮らす<伏>を巡る物語だ。
これを『亡念のザムド』で注目を浴びた宮地昌幸さんが監督、脚本に大河内一楼さん、ビジュアルイメージにokamaさんと注目のスタッフが集まる。文藝春秋創立90周年作品としても話題である。



『伏 鉄砲娘の捕物帳』
10月20日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト /http://fuse-anime.com
公式アカウント: @fuse_anime

[声の出演]
浜路: 寿美菜子
信乃: 宮野真守
冥土: 宮本佳那子、
道節: 小西克幸
船虫: 坂本真綾
馬加: 神谷浩史
家定: 野島裕史

[スタッフ]
原作: 桜庭一樹著「伏 贋作・里見八犬伝」(文藝春秋刊)
監督: 宮地昌幸
脚本: 大河内一楼
ビジュアルイメージ: okama
人物設計: 橋本誠一
美術監督: 吉原俊一郎
美術設計: 青木 薫
音楽: 大島ミチル
配給: 東京テアトル
《animeanime》

特集