桜庭一樹さんの小説『伏 贋作・里見八犬伝』を劇場アニメ化!と話題を呼ぶ映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』の公開が、2012年10月に決定した。また、公開時期決定に合わせて、4月27日より特報映像を公式サイトで配信開始、4月28日よりテアトル新宿他の全国の公開劇場にて上映される。これまで多くの謎に包まれていた本作が、いよいよその姿を見せる。
また、公開日決定に合わせて、桜庭一樹さんのコメントも公開されている。
「動いている浜路のかわいさに感動。完成がとても楽しみです!!」とのこと。作者と一緒に、10月の劇場公開を待ちたい。

さらに映画公開に向けた、コラボレーションプロジェクトの開始も発表されている。八犬伝にちなんだ8人のクリエイターによる「桜庭一樹と八人の伏師たち」である。「伏」の世界を軸に8人がその世界を拡張する。
その第1弾は、hakusさんによるコミカライズド作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)に、今後、掲載予定だ。

『伏 鉄砲娘の捕物帳』は、原作の持つストーリーをアニメーション映画ならではのエンターテイメント性を追求し、大胆にアレンジしたという。滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』を新解釈することから創られた『伏 贋作・里見八犬伝』、そしてそのアニメ化と次々に展開していく作品を楽しみたい。
制作スタッフも注目だ。監督は『千と千尋の神隠し』監督助手、そして『亡念のザムド』で監督デビューした宮地昌幸さんである。注目の演出が、遂に劇場映画を初監督する。
脚本はヒットメーカーの大河内一楼さん、ビジュアルイメージに注目の高いokamaさん、人物設計に『OVERMAN キングゲイナー』作画監督の橋本誠一さん、音楽は『鋼の錬金術師』の大島ミチルさんである。実力派スタッフで固めた。

公式サイトでは、順次、様々な情報アップを予定する。「桜庭一樹と八人の伏師たち」のさらなるコラボレーションと今後の展開も注目される。

『伏 鉄砲娘の捕物帳』
10月全国ロードショー
公式サイト http://fuse-anime.com

twitter 公式アカウント @fuse_anime

<文藝春秋創立90周年記念作品>
『伏 鉄砲娘の捕物帳』
原作 :桜庭一樹著「伏 贋作・里見八犬伝」(文藝春秋刊)
監督: 宮地昌幸
脚本: 大河内一楼
ビジュアルイメージ: okama
人物設計: 橋本誠一
美術監督: 吉原俊一郎 
美術設計: 青木 薫
音楽: 大島ミチル
配給: 東京テアトル 《animeanime》