村田蓮爾さん 京都精華大マンガ学部准教授に就任

ニュース ノベル

 イラストレーターやキャラクターデザイナーとして活躍する村田蓮爾さんが、2013年から大学の教壇にたち教育に携わる。京都精華大学は、2013年から新設されるマンガ学部マンガ学科キャラクターデザインコースの教員に村田蓮爾さんが就任することを明らかにした。
 村田さんは同大学の准教授として、イラストやアニメ、ゲーム分野のキャラクターデザインの実技科目を担当する予定である。京都精華大学は、「高い基礎画力を持つ村田さんから直接指導を受けることで高いレベルでの実践的な技術を修得でき、実社会で活躍するための実力も身につけることが期待できる」としている。

 京都精華大学マンガ学部は、国内のマンガやアニメーション、イラストレーションなどの教育の先駆的な存在である。歴史は短いが関連分野の研究でも多くの実績を残し注目されている。創作活動やビジネスの最前線で活躍する専門家を多く教員としているのも特徴である。
 キャラクターデザインコースは、マンガ、アニメーションに加え、近年活躍の場が広がっているキャラクターデザインを出来る人材の育成を目指す。キャラクターを創り出す発想力、画力、さらにビジネスへの展開手法など教授する。これまでに村田蓮爾さんのほか、マンガ家・マンガ原作者のすがやみつる さん、マンガ家西野公平さんら教員に決まっていた。

 村田蓮爾さんは、国内を代表するイラストレーターの一人である。アニメでは『青の6号』、『LAST EXILE』のキャラクターデザインが有名だ。現在、シリーズがテレビ放映中の『ラストエグザイル-銀翼のファム-』でもキャラクターデザインを担当している。
 イラストレーションでも、1999年には第34回造本・装幀コンクール展で日本書籍出版協会理事長賞に企画・責任編集を行ったフルカラーコミック誌『FLAT』がコミック部門を受賞している。また第37回星雲賞アート部門を受賞するなど活躍が目立つ。
 日本だけでなく海外でも人気の高いクリエイターだけに、京都精華大学での活躍が広く注目されそうだ。

       muratarenjisan.jpg
        村田蓮爾さんのイラストレーション

京都精華大学マンガ学部 特設サイト
/http://www.kyoto-seika.ac.jp/manga+2/
《animeanime》

特集