「偽物語」EDにClariS アーティストイラストに渡辺明夫さん | アニメ!アニメ!

「偽物語」EDにClariS アーティストイラストに渡辺明夫さん

ニュース 音楽

ClariS-nise.jpg 2012年1月より、西尾維新プロジェク第4弾の最新テレビアニメシリーズ『偽物語』の放映が始まる。『化物語』、『刀語』と次々にヒットを飛ばす、西尾維新×新房昭之×シャフトだけにいまからその期待値は高い。
 『偽物語』は『化物語』や『傷物語』と連動した作品で、2作品の主人公であった阿良々木暦の二人の妹、火憐と月火が替わって活躍する。これまでと同様に西尾維新ならではの世界が展開することになるだろう。

 そんな作品の世界観の構築に重要な役割を果たすのが音楽である。本作の音楽のうちエンディングテーマを担当するアーティストがこのほど決定、発表された。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の「irony、」『魔法少女まどか☆マギカ』の「コネクト」と次々にヒットを飛ばすClariSである。
 現役女子中学生クララとアリスの二人組ユニットが、新曲「ナイショの話」でを歌う。少女たちが活躍する『偽物語』に相応しい楽曲だ。

 また、その楽曲プロデュースには、ネット、ボーカロイドからスタートし、ユーザーから圧倒的な人気を獲得したryo(supercell)を迎える。こちらも話題性十分である。
 さらに、その姿を現わさないClariSのビジュアルを『偽物語』のキャラクターデザイン 渡辺明夫氏さんがアーティストイラストに描き下ろした。そのキュートな姿も注目だ。ClariSのエンディングテーマ決定告知のコマーシャルは、現在『偽物語』の公式サイトにて配信している。
画像: (c)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

『偽物語』 公式サイト 
/http://www.nisemonogatari-anime.com/
2012年1月よりTVアニメ放送開始予定

ClariS 公式サイト
/http://www.clarismusic.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集