「サイバーフォーミュラ」 BD-BOX発売 最終2話を3D立体視に | アニメ!アニメ!

「サイバーフォーミュラ」 BD-BOX発売 最終2話を3D立体視に

ニュース アニメ

cyber.jpg 1991年のテレビ放映され、子ども達の間で人気を博した『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』がBlu-ray Disc化される。本年12月21日にバップより、BD-BOX「新世紀GPX サイバーフォーミュラBD ALL ROUNDS COLLECTION ~TV Period~」が発売される。
 8月27日に東京・テアトル新宿で開催された「サンライズフェスティバル2011夏嵐」のプログラム「サイバーフォミューラナイト」で明らかにされた。また、この発表に合わせて新世紀GPXサーバーフォーミュラOFFICIAL WEBが立ち上がり、関連情報の告知を開始した。公式サイトはシリーズを総合して情報を紹介するとしている。今回はテレビシリーズでの告知だが、11以降のOVAシリーズの新たな展開も期待したいところだ。

 発表が行われた「サンライズフェスティバル2011夏嵐」は、1ヵ月にわたりサンライズの新旧作品を特集する大型上映イベントである。「サイバーフォミューラナイト」は、シリーズから15話をピックアップしまとめて上映するオールナイトイベント。
 福田己津央監督や主人公風見ハヤト役の金丸淳一さん、菅生あすか役の三石琴乃さんがゲストとなった。シリーズスタートから丸20年を迎えた『サイバーフォーミュラ』を振り返った。サンライズフェスティバルでは、この後9月1日にも本編から4話をベストセレクションしたレイトショー上映を予定している。

 『サイバーフォーミュラ』は、近未来のサイバーフォーミュラと名付けられたレースを舞台にしたアニメである。サイバーシステムの開発者である父を持つ少年 風見ハヤトが、ライバルと戦い、仲間に助けられながらレースに挑戦して行く。
 人気の高さからテレビ放映後も、『11』、『ZERO』、『SAGA』、『SIN』など幾つものOVAシリーズが続いた。およそ10年にわたりシリーズが制作され続けた。ファンにとっては待望のBD化である。

 BD化にあたって、さらに大きなトピックもある。最終2話「三強激突! 日本グランプリ」、「栄光のウィナーズ (最終回)」を新たに3D(立体視)化、それを収録する。2011年ならではの『サイバーフォーミュラ』となる。
 このほか総集編「グラフィティ」、今回の「サイバーフォミューラナイト」の映像も収録、吉松孝博さん描き下ろしジャケット仕様、ブックレット封入と贅沢だ。価格は税込42000円を予定する。
画像: (c)サンライズ

新世紀GPXサーバーフォーミュラOFFICIAL WEB
/http://www.cyber-formula.net/



新世紀GPX サイバーフォーミュラ 
BD ALL ROUNDS COLLECTION ~TV Period~

発売日: 2011年12月21日
価格: 42000円(税込)
発売元: バップ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集