劇場版 トライガン」 今夏米国公開決定 人気の広がりに期待

ニュース 海外

 国内では2010年に劇場公開され好評を博した映画『劇場版TRIGUN Badlands Rumble』が、今夏、北米公開されることが決定した。ロサンゼルスの映画会社イレブンアーツ(ELEVEN ARTS)と日本アニメを扱うファニメーション(FUNimation Entertainment)が手掛ける。
 イレブンアーツとファニメーションは既に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』と『破』の2作品の北米公開も手掛けている。『劇場版TRIGUN』の公開規模は明らかにされていないが、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』と同様に数十館から百数十館規模で短期上映される可能性が高いとみられる。全米公開に較べれば規模の小さい限定公開の位置づけになる。それでも2010年に米国で公開された日本のアニメ作品が『サマーウォーズ』と『ゲド戦記』の2本のみであることを考えれば、画期的と言っていいだろう。

 劇場公開決定は、北米における『TRIGUN』の高い人気が背景にあるとみられる。2003年に米国カートゥーンネットワークでテレビアニメシリーズが放映されて以来、本作は北米でいまだに根強い人気を誇っているからだ。
 さらに同様にコアなファンに向けた『エヴァンゲリオン』の新作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が、今年1月に劇場公開された影響もありそうだ。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の興収は13万ドル超にとどまっているが、4月に発売されたDVD、Blu-ray Discが大ヒットしている。劇場公開によるプロモーション効果が働いたとみられる。『TRIGUN』でも同様のヒットを狙うことになる。

 『TRIGUN』は、マンガ家内藤泰弘さんの代表作をアニメ化した。原作は1995年に連載開始、2007年に完結した。確かなドラマづくりとSF世界にスラップスティックな味わいも織り交ぜたメリハリが特徴である。
 1998年に日本のマッドハウス制作によりテレビアニメ化された。原作の魅力を活かした作品が人気の秘密である。『劇場版TRIGUN Badlands Rumble』は、このテレビシリーズのスタッフが再び集結し話題を呼んだ。

『劇場版TRIGUN Badlands Rumble』
公式サイト(国内) /http://www.trigun-movie.com/
《animeanime》

特集