今年も4月29日にファミリークラシックコンサート「ドラゴンクエストの世界 in 福岡」がアクロス福岡で開催された。今回の演目は『交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ…』。
 協賛は地元レベルファイブ、最近のドラクエシリーズの開発から名を馳せるようになったゲーム会社だ。今や『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』など、ゲームをテレビシリーズのアニメと連動させた展開でも注目されるようになっている。今回取り上げられるドラクエIIIは、レベルファイブ社長の日野晃博氏がゲーム開発者を志す契機となったゲームタイトルでもある。

        dq32.jpg

 ドラクエIIIのファミコン版が発売されたのは1988年。今から22年前に社会現象を巻き起こした。「ドラゴンクエストIIIと言えば、私も懐かしいし、皆さんも懐かしいと思う」と、指揮のすぎやまこういち氏。言わずと知れたドラクエシリーズの作曲家である。
 楽曲は1996年に発売されたスーパーファミコン版に追加された「まどろみの中で」、「ローリング・ダイス」、「戦いのとき」、「回想」、「ゾーマの城」を含む全15曲が現行の演目となっている。

 すぎやま氏は演奏の合間のトークで「実は来年を目指して僕は今ドラゴンクエストXの曲を作ってる最中です。何とかね、来年中に出来上がりたいということで頑張っておりますけども」と進捗報告もなされた。
 このほか「東京の街なんか暗くて沈んじゃって自粛ムード。それで震災に遭った地方や人々を助けられるのか」と東日本大震災に関する節電などにも触れた。「福岡に来て『いいなぁ』と思うのは、夜の街に出ると東京と違ってガンガン電気が点いている。天神も明るいし元気が出るって感じです。とってもいいと思いました」。

 アンコールでは『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』から「天の祈り」と「序曲」が演奏された。来年の開催日程は4月28日と、既に決定している。
【真狩祐志】

すぎやまこういちの世界 http://sugimania.com/

        dq33.jpg

当サイトの関連記事
すぎやまこういち 指揮とトークで「ドラゴンクエストの世界 in 福岡」 《animeanime》