『借りぐらしのアリエッティ』 アニメーション・オブ・ザ・イヤーを受賞

ニュース アワード/コンテスト

 東京国際アニメフェア実行委員会は、3月1日に第10回東京アニメアワードを発表した。同賞は商業作品を対象にしたノミネート部門、一般からの公募部門、さらに功労賞の3つから構成される。
 ノミネート部門では一年間で最も優れた作品に与えられるアニメーション・オブ・ザ・イヤーでスタジオジブリの最新長編作『借りぐらしのアリエッティ』が受賞した。スタジオジブリのブランドと2010年邦画最大のヒットとなった作品の評価の高さをみせつけた。
 『借りぐらしのアリエッティ』はアニメーション・オブ・ザ・イヤー以外にも、国内劇場映画部門・優秀作品賞も獲得した。さらに監督賞で米林宏昌さんが、美術賞で武重洋二さんと吉田昇さんが、さらに音楽賞でもその透き通る声を披露したセシル・コルベルさんと全部で4部門を獲得した。

 個人賞は例年劇場映画が強さを発揮するが、今年も『借りぐらしのアリエッティ』以外でも脚本賞で『Colorful』の丸尾みほ さんが受賞している。アニメの中で描いたシリアスな人間ドラマが評価されたかたちだ。
 テレビ作品では優秀賞に2作品、『けいおん!!』と『四畳半神話大系』である。一大ムーブメントを生みだした『けいおん!!』は、声優賞で主人公?平沢唯役の豊崎愛生さんが受賞している。『四畳半神話大系』は、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞に続く2つめの大きな賞だ。キャラクターデザイン賞もテレビシリーズから『ハートキャッチプリキュア!』の馬越嘉彦さんが選ばれた。

 これらの授賞は、3月26日に東京ビッグサイトで開催される 第10回東京アニメアワード表彰式・第7回功労賞顕彰式にて行われる。公募部門、そして功労賞と合わせて、過去一年間のアニメを振り返る。

東京国際アニメフェア2011 /http://www.tokyoanime.jp/

■ アニメーション・オブ・ザ・イヤー
    『借りぐらしのアリエッティ』 
■ テレビ部門・優秀作品賞
    『けいおん!!』
    『四畳半神話大系』 
■ 国内劇場映画部門・優秀作品賞
    『借りぐらしのアリエッティ』 
■ 海外劇場映画部門・優秀作品賞
    『トイ・ストーリー3』 
■ OVA部門・優秀作品賞
    『機動戦士ガンダム UC』

(個人部門)
■ 監督賞  
    米林宏昌 『借りぐらしのアリエッティ』
■ 脚本賞
    丸尾みほ 『Colorful』
■ 美術賞
    武重洋二/吉田昇 『借りぐらしのアリエッティ』
■ キャラクターデザイン賞
    馬越嘉彦 『ハートキャッチプリキュア!』
■ 声優賞
    豊崎愛生 『けいおん!!(平沢唯役)』
■ 音楽賞
    セシル・コルベル 『借りぐらしのアリエッティ』
《animeanime》

特集