国内では2010年1月23日公開、3D(立体視)映像が話題を呼んだ映画『劇場版遊☆戯☆王 3D ~超融合・時を越えた絆~』が世界公開されることが決定した。まず、世界最大の映画大国である米国で250館規模の公開となる。
 これはテレビアニメ「遊戯王」シリーズの米国放送が10周年を迎えるのを記念したものだ。国内の公開もシリーズ10周年記念プロジェクトの目玉となったが、海外でも10周年記念で映画が活躍する。映画のタイトルは『Yu-Gi-Oh! 3D: Bonds Beyond Time』とし、映画の売りとなっている3Dを全面に押し出す。

 「遊戯王」シリーズの映画は、2004年に米国向けの映画『Yu-Gi-Oh! The Movie』が全米公開されている。興収は米国で公開された日本アニメ映画の歴代3位、2つのポケモン映画に次ぎ、全てのジブリ作品を超えている。今回の映画7年ぶりの劇場作品となる。
 今回の公開は2011年2月26日、27日、3月5日、6日の4日間となる。配給はデジタルシネマのシステム開発とコンテンツ配給のCinedigmが行なう。同社は衛星やデジタルシネマシステムを使い、インディーズ系の映画やライブイベントの劇場配給をしている。映画本編が長さ50分程度とやや短いことから、イベント的に集中上映するようだ。
  また、米国だけでなく、今後ヨーロッパやアジア各国でも公開を予定する。映画は、世界の広い地域の子どもたちから人気を集めそうだ。

 一方、国内ではこの世界公開スタートを記念して、アンコール上映を行なう。米国公開の初日と同じ2011年2月26日に、全国のワーナー・マイカル・シネマズほかにて実施する。また、今回はアンコール上映の日本版特別編として2Dの特別追加映像およそ10分が加えられる。
 チケットは高校生以上が1000円、中学生以下800円だ。3D映画がブームとされるなか、いち早く日本アニメの3D化を実現した映画『劇場版遊☆戯☆王 3D』を振り返る機会になる。

アニメ「遊☆戯☆王」シリーズ10周年記念プロジェクト
http://www.yugioh10th.com/
『Yu-Gi-Oh! 3D: Bonds Beyond Time』
公開日: 2011年2月26日、27日、3月5日、6日
公開館数: 全米250館
配給: Cinedigm
Cinedigm  http://www.cinedigm.com/
世界公開記念" 「劇場版遊☆戯☆王 3D ~超融合・時を越えた絆~」
アンコール上映
公開日: 2011年2月26日(土)より
公開館数: 全国ワーナー・マイカル・シネマズなどの3Dシアター
上映時間 :
約60分:(1)本編49分/3D +(2)日本版特別映像 約10分/2D
入場料 : 中学生以下 800円、高校生以上 1000円 《animeanime》