ニューヨークの大型イベントで「けいおん!」コスプレイベント

ニュース 海外

 10月8日から10日までニューヨーク市ジャビットセンターで行われるニューヨークアニメフェスティバル/ニューヨークコミコンの会場で人気アニメシリーズ『けいおん!』のコスプレイベントが開かれる。10月10日日曜日に、ニューヨークアニメフェスティバル会場に設けられたバンダイブースに『けいおん!』のコスプレで訪れると、特製ポスターがプレゼントされるというものだ。
 日本アニメは米国でも人気が高いこともあり、現地でギャザリング(Gathering)と呼ばれる同じ作品のコプレイヤーが同じ時間、同じ場所に集まるイベントは珍しくない。しかし、今回は現地で『けいおん!』を展開するバンダイ・エンタテインメント(Bandai Entertainment)が主催する公式イベントとなる。バンダイと米国の大手コスプレサイ アメリカン・コスプレパラダイス(ACParadis)との協力で実現する。

 バンダイ・エンタテインメントは、今年7月に『けいおん!』の北米のライセンスを獲得したことを明らかにしている。今後、DVDなどのパッケージの発売を行う。商品発売の詳しいリリーススケージュールはまだ発表されていない。今後の展開に向けて、大型イベントでファンによるコスプレイヤーが集合することで、作品を盛り上げて行くとみられる。
 会場となるニューヨークアニメフェスティバルは、今年よりニューヨークコミコンと共同開催される米国でも有数の規模を誇る日本アニメイベントだ。バンダイ・エンタテインメントは、期間中会場にアニプレックス・オブ・アメリカ等と共同ブースを設ける。また、期間中『劇場版 機動戦士ガンダム00』のプレミア上映会、『ヒピラくん』をテーマにしたイベント、また自社作品を紹介するトークイベントやコンサートも行う。

 こうしたイベントでの積極的な活動は、現地でのアニメ作品の宣伝方法がかなり限られていることも理由にあるとみられる。ユーザーがコアなファンに限られていることから、一般のテレビ放送や雑誌での宣伝はコストもかかり難しい。さらに過去数年でテレビアニメ放送やアニメ雑誌が減少し、コアファン向けの宣伝メディアがほとんどなくなっている。現在は、作品の広告はアニメ情報サイトなどのインターネットが中心となっている。
 そうしたなかバンダイ・エンタテイメントは、近年はアニメイベントや自社主催のミニイベントによるライブ型の宣伝に力を入れている。アニメファンの活動や消費の一部が、ライブなものに移っていることも理由だ。特にコスプレは現在のアニメファンに高い人気があるため、今回のようなコスプレイベントは、ファンの関心を作品に向けるよい手段となりそうだ。

バンダイ・エンタテインメント /http://www.bandai-ent.com/
アメリカン・コスプレパラダイス(ACParadis) /http://www.acparadise.com/
《animeanime》

特集