BONES×スタン・リー 「HEROMAN」 4月からテレビ東京で | アニメ!アニメ!

BONES×スタン・リー 「HEROMAN」 4月からテレビ東京で

ニュース アニメ

 スクウェア・エニックスは、2010年4月からテレビ東京にてテレビアニメシリーズ『HEROMAN』の放映を開始することを明らかにした。兼ねてより日本のアニメスタジオ ボンズとアメリカンコミックスの巨匠 スタン・リーさんがコラボレーションすると伝えられている意欲作である。
 スクウェア・エニックスは、テレビ放映に先行し、昨年秋より太田多門さんによるコミカライズド作品を「月刊少年ガンガン」で連載している。春以降は、テレビアニメとマンガが同時に展開することになる。少年向けの作品ということもあり、今後はさらに玩具展開なども期待出来そうだ。

 『HEROMAN』の企画が初めてメディアに伝えられたのは2年前、アニメ雑誌「Newtype5月号」(角川書店)のBONES 10周年特集である。『スパイダーマン』や『X-MEN』、『超人ハルク』など、米国のコミックス界の大ヒット作品、キャラクターを生み出してきたスタン・リーさんが原作を手がけるとして、日米双方で注目を浴びた。
 その後、作品はさらにスタン・リー氏のマネジメント会社Pow!Entertainmentの公式サイトの作品リストに、同社とボンズ、Wowmax Media!の共同プロジェクトとして紹介されて来た。その後のマンガ連載のスタートで、登場間近の期待も高まり、今回は満を持してのテレビ放映スタートになる。

 スタン・リーさんが日本の企業とコラボレーションするのは、同氏と日本の人気マンガ家武井宏之さんとのコラボレーション作品『機巧童子ULTIMO』に続くものだ。国境を越えたコラボレーションに関心が増す中で、『HEROMAN』は注目の作品である。

スクウェア・エニックス(アニメ) /http://www.square-enix.com/jp/anime/
ボンズ /http://www.bones.co.jp/index2.html
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集