萌え系もみじ饅頭「もみまん。」 12月24日に発売

ニュース 話題

momijist.jpg 2009年はアニメやマンガ、萌え系イラストを地方の特産品とコラボレーションする動きの目立った一年だった。その2009年の最後を締めくくる新たなコラボレーション商品が12月24日に発売された。
 広島県廿日市市の後藤製菓による萌え系パッケージを採用したもみじ饅頭「もみまん。」である。パッケージに採用された神様見習いの少女 もみ子とニホンジカのアルフレッド後藤は、広島でオタク系のキャラクターコンテンツ&デザインを手がける広島オタクマップのコラボレーションにより誕生した。

 「もみまん。」は、創業70年を超える後藤製菓が長年高い人気を誇るもみじ饅頭のパッケージにカジュアルな萌えキャラクターをあしらい、若い人にも手に取りやすく工夫をしているとのこと。
 また、商品の中には、もみ子とニホンジカのアルフレッドをあしらった特大ステッカーを封入する。ステッカーは実在の風景をモチーフにしたキャラクタースナップ風とし、広島県の観光名所 宮島をアピールする。現代のポップカルチャーと地域産業の振興が結びつけた取り組みとなりそうだ。
 商品はこしあんのもみじ饅頭8個に特大ステッカー、税込み700円となっている。後藤製菓の店舗のほか、公式サイトでも発売する。

 発売に合わせて公開されたプロフィールによれば、もみ子は本名不明の少女で厳島神社の三女神に仕える神様見習いという設定だ。また、ぱっと見は少女だが、1000年以上生きているという噂もある。
 さらに手にした杓子「誓真(せいしん)」を もみじ饅頭にかざすと、そのもみじ饅頭の風味がアップする不思議な神通力を持っている。
 本名 後藤鹿之介ことアルフレッド後藤は、オスの純ニホンジカ。好物はもみまんで、暇さえあればもみまんを食べている。
 後藤製菓と広島オタクマップは、こうしたキャラクター設定を利用して、将来的にはマルチメディア的な展開も視野に入れているという。

後藤製菓 /http://www.goto-miyajima.com
 キャラクターページ /http://goto.momiman.com

広島オタクマップ /http://hiroshima.otakumap.com/

momijikyara.jpg
《animeanime》

特集