アニマックス大賞「タカネの自転車」7月5日放送 | アニメ!アニメ!

アニマックス大賞「タカネの自転車」7月5日放送

ニュース アワード/コンテスト

 アニメ専門チャンネルのアニマックスは開局10周年記念作品の『タカネの自転車』を7月5日(土)21時から放送する。
 同作は、2007年に「第6回アニマックス大賞」の大賞を受賞したタカマガハヤトさんの作品である。アニマックス大賞は毎年アニマックスが開催しているシナリオコンテストで、大賞受賞者作品がアニメ化される。
 第6回はアジア10ヶ国地域から応募があった3056作品の中から選ばれた。最終審査はこの作品の制作を行なったA-1 Picturesの勝股英夫社長ほか、小説家の夢枕獏さん、マンガ家の荒木飛呂彦さんら7名が行った。

 ストーリーは、心あたたまる兄姉愛を描く。主人公である11歳の珠貴(タカネ)が模試で100位以内に入れば新しい自転車を買ってもらえる約束に、92位と嘘をついて買ってもらうところから始まる。
 塾の帰り道タカネは妹の珠貴(タマキ)に譲るはずだった自転車を壊してしまい、珠貴を怒らせてしまう。珠貴を疎ましく思った珠貴は、謎の青年ヨヨギが持つ92位の答案と交換にタマキを差し出してしまう。発光体に飲み込まれたタマキを見て、過ちに気づいたタカネはヨヨギとの自転車勝負に壊れた自転車で挑む。

 作品の監督は『新機動戦記ガンダムW』などの池田成さん、キャラクターデザイン・作画監督は『シティーハンター』などのキャラクターデザイナーの神村幸子さん、美術監督は1970年代から現在まで多くの美術を手掛ける小林七郎さんといった豪華スタッフ。
 また、主演のタカネ役に坂本真綾さん、妹のタマキに折笠富美子さん、ヨヨギに石田彰さんほか、こちらも豪華キャストで贈る。

 今回の『タカネの自転車』の放送に合わせて「第7回アニマックス大賞」で審査委員を務める脚本家・演出家の大森美香さんと脚本家の金子ありささんの対談も放送する予定である。
 第7回アニマックス大賞は5月末応募締切があり、国内応募で過去最高の1235通を受け付けた。現在選考中で、9月11日に行われる最終審査会を経て大賞を決定する。

アニマックス / http://www.animax.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集